「和」の精神と「生きる喜び」が織りなす先駆ける関東の実現

地域再興委員会

地域再興委員会 委員長 細野 聡

 日本全体が人口減少する中、関東地区は人口が集中し流入し続けている東京圏と、人口減少と流出が進む地方圏が共存し、双方が長期的に活力を上げ、協働しながら持続可能な社会への発展が必要とされています。人口構造の変化を新しい成長のチャンスと捉え、市民とともに総力をあげて課題に取り組み、関東の再興が日本の構造改革の実現へと導き、ヒト・モノ・カネ・情報が好循環する関東を次の世代へと引き継いでいくことが必要です。
 まず、家庭と仕事・事業全てが好循環する環境をつくりだすために、関東地区フォーラムを開催し、参加された方が社会全体の利益を考える精神である「公共心」を各地域で発揮しながら伝播することで、関東地区全体に調和のとれた成長をもたらします。そして、「主管益、主催益、地域益、参加者益」を追求し、4つの視点からつくば市を起点に関東地区全域の再興を実現するために、主管である一般社団法人つくば青年会議所とともに、第65回関東地区大会を開催しつつ、各地域の再興に繋がるフォーラムを実施することで、青年会議所運動を広く発信しながら関わる全ての人がまちづくりに対する参画意識の向上となり、関東地区全体に長期的な発展をもたらします。さらに、関東地区協議会の運動を永続的かつ最大に発信し続けるために、関東地区大会主管LOM選考を行い、歴史ある大会を確実に開催することで青年会議所の運動を絶やさないようにします。また、関東地区協議会が未来へ向けてさらに発展するために、ありがとう関東地区を開催し、各委員会が行った運動を158LOMで共有しながら次年度の青年会議所運動への意識を高めます。
 地域を再興へと導く能動的市民のリーダーである我々が、智慧を集結し課題を自ら考え行動する市民とともに、ヒト・モノ・カネ・情報が好循環する環境を創出し、次世代まで活力がもたらされる「和」の精神と「生きる喜び」が織りなす先駆ける関東を実現します。

<事業計画>
1.関東地区フォーラム2017の開催
2.第65回関東地区大会つくば大会の開催
3.第65回関東地区大会においてフォーラムの実施
4.第66回地区大会 主管LOM選考に関する業務
5.ありがとう関東地区の開催

PAGETOP
Copyright © 関東地区協議会 All Rights Reserved.