宿命を受け止め運命に挑む希望に溢れる自立した九州の創造

九州地区協議会 基本方針

宿命を受け止め運命に挑む

 希望に溢れる自立した九州の創造

九州地区担当常任理事 小間喜 広通

 雄大な自然の恩恵を受け止め、独特な文化と産業を育み発展してきた九州は、人口減少 と都市部への人口流出に直面する一方で、成長著しいアジアへの地理的優位性を活かした成長戦略による経済成長が期待されています。明るい豊かな社会の実現に向けて、地域に根ざした運動を推進する九州JAYCEEが、当事者意識を兼ね備えた市民とともに、各地の個性が織り成し一体的に発展し続ける、希望に溢れる自立した九州の創造が必要です。

まずは、地域から日本の未来を切り拓くために、本会の事業・運動を推進します。そして、地方創生を成し遂げるために、九州地区7ブロック協議会と連携することで、九州という枠組みで地域の可能性を創出する「真・九州構想戦略」を構築し、各地の個性が織り成し各地が一体的に発展し続ける九州創生を実現します。さらに、加速するグローバル社会を切り拓き、自らが地域を創るという当事者意識を確立するために、教育再生することで、世のため人のためが自分のためという価値観を醸成し、地域を牽引するリーダーを育成します。また、誰もが安心して暮らせる九州を実現するために、経済再生することで、国家的なインフラ整備やミッシングリンクに関する輿論と地域を牽引する産業分野の付加価値を高め、平成28年熊本地震による被災地のニーズに沿う支援を行い波及する課題を克服し、創造的復興を成し遂げ、自立した九州経済圏を確立します。そして、加速する情報社会が健全な発展を遂げるために、我々の情報リテラシー能力を向上させることで、情報がもたらす倫理問題を解決し、インパクトと共感を生む進化した組織運営を実現します。

宿命を受け止め運命に挑む積極果敢な九州JAYCEEが、時代が求めるLOMと共鳴する市民意識変革運動を各地に伝播させ、社会に対し当事者意識をもった市民とともに未来を切り拓き、希望に溢れる自立した九州を創造し、誰もが夢を描ける日本を実現します。

<基本方針>

  1.  本会の事業・運動の推進
  2. 「真・九州構想戦略」による九州創生
  3. 教育再生による地域を牽引するリーダーの育成
  4. 経済再生による自立した九州経済圏の確立
  5. 情報リテラシーによるインパクトと共感を生む進化した組織運営
PAGETOP