固有の文化と未来を担う人材がイノベーションを生む 誰もが夢を描ける四国の実現

四国経済再生委員会

四国経済再生委員会 委員長 神原 信之介

 国民経済や地方創生の理解が不十分であり、メディアリテラシー(情報を取捨選択する能力)が低い受動的な市民は、四国新幹線計画をはじめインフラ投資の必要性を適切に判断できず、産業競争力を停滞させデフレ経済から脱却ができない一方で、地方創生に向けて能動的に行動する青年会議所をはじめ関係諸団体があります。適切な判断力を持った市民と関係諸団体が四国経済を再生させるインフラ投資に輿論を巻き起こす必要があります。
 まずは、JAYCEEが国民経済の理解や地方創生に向けた現状と問題点を理解するために、正しい経済を知るためのフォーラムを実施し、経済を再生する投資選択について学びます。そして、産業競争力をより高める投資選択をするために、フォーラムの中でメディアリテラシーを高める要点を学び、メディア情報に流さず正しい情報を能動的に収集する方法を理解します。さらに、フォーラム後に経済に与える影響が大きい四国新幹線計画について、その可能性を多くのJAYCEEや市民に伝えるために、フォーラムの結果や基礎調査結果を踏まえた四国内外からの経済効果や、海外からのインバウンド効果や移動時間短縮による経済効果を検証し情報を広く発信します。また、その理解を深めるために、過去の新幹線事業から成功条件を抽出し、ストロー現象による経済影響や、新幹線以外のンフラ整備の可能性についても十分に検証します。そして、四国新幹線について基本計画から整備計画への格上げをする機運を高めるために、関係諸団体に協力を依頼し署名活動を展開し、四国経済を再生させるインフラ投資へ輿論を巻き起こす契機をつくります。
 国や地域の経済状況を踏まえ、メディアリテラシーの重要性を学び、産業競争力を高める投資の必要性を適切に判断できるJAYCEEが、関係諸団体と署名運動を通じ、四国新幹線整備計画格上げに向け市民の機運が高まった明るい豊かな四国の未来を創造します。

<事業計画>
1.本会の事業・運動の推進
2.四国新幹線整備計画格上げに向けた市民の機運を高める事業の企画・実施
3.正しい経済を知るフォーラムの企画・実施

PAGETOP
Copyright © 四国地区協議会 All Rights Reserved.