固有の文化と未来を担う人材がイノベーションを生む 誰もが夢を描ける四国の実現

財政審査会議

財政審査会議 議長 野口 和範

 四国地区協議会は、公益社団法人である日本JCの一組織として、公益性のある健全な財務体質と法令遵守体制を確立し、社会から信頼と共感を得られる組織運営をしていくことが求められています。四国そして日本を変える運動を生み出す使命のある私たちは、各ブロック協議会と連携し、公益に対する理解を深化させ、関係法令及び規程並びに公益法人会計基準に則った組織運営を実施し、組織のガバナンスを強化していく必要があります。
 まずは、健全な財務体質を確立するために、監査担当役員や内部会計監査人、日本JC本会と連携を図り、会計マニュアルに沿って予算を作成、管理するとともに適時にバランスマンを入力して適正な決算を行うことで、内外の会計監査に対応し、公益法人会計基準に則った組織運営を確立します。そして、各委員会の事業目的達成を会計の観点から支援するために、各委員会と連携を密に行うとともに、財政審査会議において相対支出の徹底と費用対効果の最大化に重点を置いて予算書及び決算書の作成をサポートすることで、効果的な事業構築を支えます。さらに、各ブロック協議会の会計管理を徹底し、財政状況に応じた効果的な事業・運動を支援するために、財政審査会議を通じて各財政責任者と連携し、予算書及び決算書の作成をサポートします。また、四国地区協議会のガバナンスを強化するために、定期的に財政審査会議を開催し、各委員会の事業の公益性、予算と決算、コンプライアンスを審査することで、各事業の公益性を確保し、四国地区協議会全体の公益目的事業比率を管理するとともに、各事業の収支の適正化と法令遵守の徹底を図ります。
 公益性のある健全な財務体質と法令遵守体制の確立は、組織に対する社会の信頼を築き上げるとともに、社会の共感を呼び起こし、社会から必要とされる事業・運動を生み出す政策立案実行団体として四国地区協議会を成長させ、誰もが夢を描ける四国を実現します。

<事業計画>
1.本会の事業・運動の推進
2.各委員会に対しての適切な予算書及び決算書作成のサポート
3.各ブロック協議会に対しての予算書及び決算書作成のサポート
4.財政審査会議の開催

PAGETOP
Copyright © 四国地区協議会 All Rights Reserved.