事業の振り返り その② ブロック大会実行委員会

 

申し訳ございません。年末、余裕のないスケジュール管理から脱却しようと、2018年は新たな気持ちでスタートしたいと思います。事業の振り返りがNo.1でストップしてしまってましたので、最後ラストスパートで振り返りたいと思います。

 

「ブロック大会実行委員会」

●2017年7月8日(土) (公社)日本青年会議所 徳島ブロック大会 阿波池田大会の開催

場所が当初の予定と違う場所で、しかも設営が本当に大変。その後の懇親とると更に大変な設営を強いてしまい、申し訳なく思った事も有りました。

 

あの何もない土地で、お洒落なCaféを開き人が集まるポイントとなっている。

 

なにが人を呼び込み、なにに価値を見出しているのか。多くのメンバーに感じて欲しかったと思いました。

圧倒的に何もなく、自然豊かな昔ながらの原風景はやはり日本人として刷り込まれている落ち着き、癒しなのだな。。と改めて感じました。近くにありすぎて価値を見出せない物。そんな地域の誇りをこれからも探して大切にしていかなければならないと感じました。

IMG_5989

 

また、元木委員長が当初より熱望した永松さんの講演会。 本当に辺鄙な場所にもかかわらず、多くの方々に集まって頂きました。

 

出合いと言う土地で人との出会いによって人は磨かれる。私が永松さんのお話で心に残っているKey Wordを書きます。

*地域活性→その地域に、まず自分がやるんだ!と言う人がどれだけいるのかが重要。

*良い言葉が人生をつくる

*For meの精神よりもFor youの精神

*成功や成長へのステップ(全て覚えてはいませんが。。)

・ゴール設定

・メンターや成功している人との接触

・仲間の存在

・成果を発表できる場を持つ

すべてではないので語弊があった場合はご了承ください。

 

JCが全てではありませんが、この自分を高める仕組みがJCには備わっていませんか??

 

岸上副会長、元木委員長、計画段階より多くの問題が有りましたが、委員会出向メンバーと共に開催まで頑張って頂き、来ていただいたメンバーの本当に記憶に残るブロック大会のを開催して頂き、一人のメンバーとしても感謝いたします。

多くの学びや気づきをありがとうございました!