皆様こんにちは。公益社団法人一宮青年会議所 地域(まち)のブランド醸成委員会委員長の福田と申します。
今回は、私たち一宮青年会議所の活動の中から生まれた地域(まち)のブランドについて紹介させていただきます。
地域(まち)のブランドは、二つございます。
まず、一つは、地域(まち)の誇りである元祖一宮めし「一宮どてカラ丼」です。
こちらは、2015年第4回ICHINOMIYA郷土グルメグランプリ
において居酒屋肉バルKURIBOUさんが出品され優勝を果たした料
理です。具材には、三種の神器たまご、からあげ、どて煮を使用する事
など5箇条を設け、広く浸透を図るため市内飲食店でご提供いただいて
おります。

000
2016年末、一宮駅前街頭調査では、認知度5.9%でした。2017年度中に認知度15%となることを目標としております。
そしてもう一つは地域(まち)の魅力を高めていく地域(まち)ブランド「138ハロウィン」です。こちらは、一宮市の地域資源(おりもの)を利用し、ハロウィンアイテムを制作し、それを身につけパレードなどに参加するイベントです。2017年4月、一宮駅前街頭調査では認知度27.9%、昨年参加者数約800名でした。本年度の目標は認知度40%参加者数1000名を目標としております。

001
この地域(まち)のブランドの認知度を向上させることで、地域(まち)のブランドが盛り上がり、地域(まち)のブランドが盛り上がることで一宮市が盛り上がり、一宮市が盛り上がることで一宮市への誇りと愛着が育めると考えます。
10月21日には、地域資源で作る、138ハロウィン巨大いちみんランタン、10月29日には、138ハロウィンおりものパレードを予定しておりますので、ご参加をお待ちしております。

 

情報発信はこちらです
https://www.facebook.com/brandichinomiya/?fref=ts

002

↓↓↓↓↓是非Facebookページへのいいねをよろしくお願いします!↓↓↓↓↓