ビジネスは世界を変える!~愛知の企業から持続可能な国際社会へ~

2017年9月9日(土)、豊田スタジアムメインスタンド内において、『ビジネスは世界を変える!~愛知の企業から持続可能な国際社会へ~』を開催しました。

 

第1部基調講演「SDGsに向けた企業の動き」において、住友理工株式会社CSR部長戸成司朗様よりご講演をいただきました。

UN SDGsとは、全ての国連加盟国193カ国が合意した、より良い世界を目指すうえでの2030年のあるべき姿を書いた文書です。まず、SDGsとはどのようなものかをお話いただいた上で、何故愛知の企業がこのSDGsを意識して事業活動を行っていくべきなのかをリスクと機会の視点からご講演いただきました。

 

第2部企業プレゼンテーションでは、当協議会が7~8月に開催した国際貢献ビジネス立案セミナーに参加した企業の代表者様より、自社の強みと国際貢献を結び付けたビジネスモデルを発表していただきました。

Image_87ac456

・株式会社キラッと 後藤様による発表

「キラキラな心を育てましょうプロジェクト」

愛知県内において事業内容として特化している0~3歳児の小規模保育事業を活かし、海外の社内託児を通じて世界に向けてどんな課題解決ができるのか発表していただきました。

 

・有限会社山本屋 青木様による発表

「世界のうどんの価値向上プロジェクト」

現在、事業内容として行っている味噌煮込みうどんの製造販売を通じて、開発途上国のうどんに付加価値をつけ、サービス産業の発展に寄与を目指すことを目指したプロジェクトを発表していただきました。

 

・有限会社テル 石川様による発表

「空気から水をつくる~造水システムを活用した緊急災害時のウォーターシェアの実装」

自社製品として開発された空気から水を製造する機器を活用し、SDGs開発目標6「すべての人に安全な水を確保するために」に着目され、造水システムを利用した緊急災害時の水の相互扶助から近隣諸国の水不足を解消することを目標としたプロジェクトを発表していただきました。

Image_a376091

Image_e8dee26

最後に統括のコメントとしてアドバイザーである平本督太郎様より、ビジネスで国際貢献というと非常にハードルが高いと思われるが、まずは身近なところから課題解決をしていき、それを横展開して国際貢献につなげていっていただきたい、今回ご発表いただいた3社の皆さまの今後の展開に期待をすると共に、今日会場にいらっしゃる経営者の皆さま方の新たな取り組みにも大いに期待しますと、3名の発表者へのアドバイス及び来場者へ呼びかけていただきました。

Image_f2d1bc6

↓↓↓↓↓是非Facebookページへのいいねをよろしくお願いします!↓↓↓↓↓