TSUNAGARUフェスタ2017を開催しました!

9月9日(土)豊田スタジアムで開催された第50回愛知ブロック大会豊田大会において(一社)豊田青年会議所の6つの委員会が6つの事業を行いました。

どの事業のブースも大盛況の結果に終わったことについて、愛知ブロックの皆様にも深く御礼申し上げます!改めて6つの事業の人気ブースを写真にてご紹介いたします。

 

終日子どもたちの列が絶えなかったミニ四駆のコースです。タミヤ模型社様のご協力で作成したミニ四駆のオリジナルコースにはマイカーを持参した子どもたちが終始列を成しました。わたしたちの幼少期から今もなお不動の人気を見せつけたこの事業には、高価なパーツでカスタムしたり、親子でクルマいじりをする姿が。

ミニ四駆 (2)

ミニ四駆

また豊田市内には多くの外国人が住まれ、今後は国際の相互理解を構築し、ともにまちづくりをおこなっていく必要があることから開催されたブラジル人モデルコンテストには、華々しく並ぶブラジル人美女たち。女性たちの戦いのステージもさることながら、舞台裏では入念なヘアメイクも行われていおりました。

 

そして日常的な防災の備えと大切さを学ぼうと行われたAED講習などは元プロレスラーの蝶野氏と地元の消防関係者様をお招きし様々な講習や講演をしていただきました。蝶野氏のサングラスに潜むつぶらな瞳を拝見できたのは私を含む、豊田メンバーのごく一部です(笑)

防災

蝶野

そして私たちの継続事業でもあるタグラグビーで2019年ラグビ―ワールドカップを盛り上げようと試みたのが「大人のタグラグビー」ここでは終始オトナたちの健全な戦いが行い、秋空の下、さわやかな汗を流す姿が見られました。

ラグビー体験

タグラグビー (2)

戦いといえば、豊田名産の桃を使った、桃の種飛ばし大会。それぞれが桃の種を口に含み、体をそらしながら反動をつけて種をふき飛ばすという簡単な方法であったことが功を奏し、次々と親子や友達同士で参加する人たちの列が。記録更新を知らせるチアのアトラクションも華麗でした。

種飛ばし

チア

社会問題から高齢化に的を絞り開催されたウォークラリーでは、参加賞として受け取れるZIZI工房のホットドッグが大人気。こちらは大人向けの質問ではありながら子どもも一緒に周れる工夫がしてあるため、親子で会場を歩き回ってクイズをさがす姿が。ZIZI工房は足助の香嵐渓で紅葉時期に毎年列ができるほど人気の高齢者が運営する工房です。

ウォークラリー (2)

じじ工房

当日は天候にも恵まれたくさんの来場をいただきました。

本事業の詳細はHPにも掲載されています!ぜひご覧ください。

ttp://www.toyotajc.jp/

 

 

 

↓↓↓↓↓是非Facebookページへのいいねをよろしくお願いします!↓↓↓↓↓