kaisei

強い地域創造委員会

委員長 海生 圭亮

人口減少や少子高齢化を主因とした、生産年齢人口の減少による労働生産性悪化の問題は私たちの暮らす広島も例外ではありません。現在緩やかに拡充している広島の景気も、今後は楽観視できない状況を迎えます。しかし、そんな時代だからこそ私たちは一丸となり、各地域の産品や自然、風景など広島の地域資源を十分に活かし、より強い地域へと発展するための基盤を構築しなければなりません。
まずは、生産年齢人口減少に左右される事なく、経済成長を維持・発展させ労働生産性を高めるために、地元企業や教育機関と互いの強みを活かした、新たなビジネスやそのモデルケースを創出していく必要があります。そこで、産官学の連携による相乗効果を促すために、私たちがそのプラットフォームとして情報を発信します。そして、これからの広島の経済成長と雇用誘発など地方の活性化となるよう推進します。さらに、近年、災害大国日本において重要事項となっている防災安全保障について、日頃より防災・減災にむけた体制を整える必要があります。大規模災害時の生命線ともなるインフラ強化だけでなく、緊急時だからこその素早い情報収集と正確な情報配信・支援の為の災害支援ネットワーク構築を推し進め、災害にも屈しない強い地域へと導きます。また、次世代を担う子供たちに対し、国際的に最も盛んなスポーツであるサッカーを通じて、地域間の交流による豊かな人間性の向上、グッドルーザーの精神である他者を思いやる気持ち、協調性をもった人材の育成を目的に、JCカップU-11少年少女サッカー大会ブロック予選会を実施します。
日本の未来を切り開き、力強く支える地域として立ち上がるために、私たち一人ひとりが成長し、地域だけでなくメンバー同士のネットワークを活用することで、より強い「力」として集結させ、魅力と活力にあふれた広島から、愛と希望溢れる国 日本を創造します。

<事業計画>

1.産官学連携の推進
2.災害支援ネットワークの強化
3.JCカップU-11少年少女サッカー大会(全国大会)に向けてのブロック予選大会の実施
4.その他、広島ブロック協議会における目的達成のための事業の実施