「新たな挑戦」 ~ 和と結の心でつながる 幸せあふれる埼玉の創造 ~

つながる埼玉創造委員会 運営方針

つながる埼玉創造委員会 委員長 馬場 茂明

 2018年に埼玉ブロック協議会は50周年という節目の年を経て、新たなスタートをきる一年になります。埼玉県は国際的なスポーツ大会も多数開催しているスポーツ王国であり、今後も国際大会の開催が予定され、多くの人々が埼玉県に訪れます。この埼玉の魅力を発信できる絶好の機会に、つながりや伝える力を強化して、埼玉ブロック協議会が各地域の魅力を最大限に引き出して国内外へ粘り強く積極的に発信していく必要があります。
まずは、30LOM1300名から、親近感を抱かれ、出向したいと思える埼玉ブロック協議会であるために、埼玉ブロック協議会への意識調査を行い、ニーズを把握して改善策は積極的に取り入れ、埼玉ブロック協議会の価値を高めていきます。そして、30LOMのつながりを醸成する為に、会員会議所会議で30LOMの事業PRタイムの構築によって、多くの会員が気軽に情報共有できる機会を創出してまいります。さらに、埼玉に対しプレミア感をもち、埼玉ブランドの価値化をおこなうために、埼玉の魅力や価値を高められる調査・研究を行います。また、研究結果を埼玉ブロック大会で発信するとともに、行政に対して政策提言を行ってまいります。そして、埼玉ブロック協議会や30LOMで行われている有益な情報を広く効果的に発信をする為の、HP、SNS活用セミナーを開催することで、情報を広く拡散し、JCや埼玉のファンを増やしていきます。さらに、埼玉の魅力を県内外へ発信していく為に、メディア戦略の調査研究を行い、新たにマニュアルを作成し、30LOMと共有することで、JCの運動の効果と有効性を高めていきます。
埼玉の多彩な魅力をつなげPRしていくことが新たな可能性を生み、埼玉に自信と誇りをもち、おもてなしの心に満ちた埼玉愛あふれる県民を増やしてまいります。そして、相手を思いやり共に助け合う人材達が和と結の心でつながる幸せあふれる埼玉を創造します。

 

<事業計画>

埼玉のつながりと伝える力の強化

1.つながる埼玉創造に向けた調査・研究・発信
2.30LOMのつながりを醸成する取り組み
3.埼玉ブロック協議会の価値を高めるための意識調査
4.ホームページと対外向けSNSの企画・運用
5.JC運動を埼玉県民に周知するためのメディア戦略の構築・実践

 

 

PAGETOP
Copyright © 2018年度 埼玉ブロック協議会 All Rights Reserved.