事業報告「地域ブランドプラットホームづくり」

2015年度から遍路事業に携わってきた四国地区協議会役員の皆様と各協力団体に対し年初より調査・研究を行ってまいりました。お遍路に携わることにより、自身の成長とまた非常に魅力的なものであることを実感しましたが、自分自身の知識不足もあり、事業の方向性、また目的を定められず、本年度はお遍路事業を実施することが出来ませんでした。

関係各所にご迷惑をおかけしたこと、お詫び申し上げます。

しかし、四国独自の魅力的な地域資源であるお遍路文化を地域ブランドとしてさらに昇華していくことは、四国の地域活性にもつながっていき、また次世代に継承していくことも今後の四国において重要なことであると考え、四国地区協議会がこれからお遍路と携わるための指針を~JCお遍路アクションプラン~と題して作成いたしました。

これからも、青年会議所は、行政、他団体、地域に住まう人々の架け橋となり、四国全体が一丸となるよう、さらなる地域ブランド化を促進していきます。