「和」の精神と「個」のつながりが未来を切り開く四国の創生

2018年度四国地区協議会 基本方針

  • HOME »
  • 2018年度四国地区協議会 基本方針

四国地区協議会基本方針

「和」の精神と「個」のつながりが未来を切り開く四国の創生

四国地区担当常任理事 北島 誠祐

  南海トラフ地震の懸念から防災減災意識が高まりつつある四国は、少子高齢化による人口減少が著しく進行しながらも、国内で高いシェアを占める地域企業や、美しい自然風景やお遍路文化という活かすことのできる独自の地域資源が多く存在します。地域に根付く文化を発信する資源として活かせる我々が、おもてなしの精神を大切に住み暮らす個性溢れる市民とともに、自立した地域経済の確立された未来の四国を創生する必要があります。

まずは、四国の経済が活性化するために、政府との情報共有による連携で中小企業にとって活用のできる有益情報を提供し、地域から稼げる企業を増やします。そして、四国の経済を発展させるために、我々が行政と企業の架け橋として地域から新たな価値を創出し、地域ブランドとして国内外に発信し、産業振興を加速させます。さらに、四国におけるJC運動をより広げるために、ブロックと連携により会員一人ひとりが当事者意識をもてる会員拡大の支援を行い、地域の未来を支える人財を発掘します。また、自然災害の被害を最小限にするために、社会福祉協議会等と災害対策ネットワークを構築し、強固な防災減災体制を確立します。そして、四国の連携を強化するために、交通インフラの機運を高めるフォーラムを開催し、インフラ整備の政府への財政出動を促します。さらに、地域でのJCの運動の価値を高めるために、四国の市民参加のもと地区内各LOMの事業の褒賞を開催し、運動の発信力を促進します。また、地域と運動の連携を強化するために、地域とつながりのある地区大会を開催し、まちづくりに対する市民の主体者意識を醸成します。

四国の未来を切り開く「和」の精神と発信力をもった我々が、地域の未来に対して主体者意識をもった市民と強いつながりとともに、資源を新たな価値となるまで発展させる産業が溢れ、盤石な地域経済となった四国の創生から愛と希望溢れる国 日本を創造します。

 

 

<事業計画>

1.四国の企業の活性化の推進

2.褒賞を通じた事業構築の検証

3.LOMの会員拡大の支援

4.防災対策ネットワークによる防災減災体制の構築及び推進

5.交通インフラ投資による地域間連携の推進

6.四国地区大会の開催

7.【地区連】地域ブランドのプラットフォームづくりの推進

8.【地区連】JCカップ U—11 少年少女サッカー全国大会予選大会の実施

PAGETOP
Copyright © 四国地区協議会 All Rights Reserved.