組織支援委員会 事業計画

副会長 佐川 大輔
組織支援委員会 委員長 増田 圭志

徳島県は、豊かな自然環境や阿波踊りなど多くの魅力的な文化があるものの、その人口は1999年を境に毎年減少しており、高齢者の割合が増加傾向にある一方、生産年齢人口の割合が減少しているため、経済活動の維持活性化が一層困難になっています。将来の徳島を担う人財の育成や、地域課題に能動的に取り組む会員の拡大、活動を支援し、人口の減少をも乗りこえ、徳島を活性化させることのできる組織力を確立する必要があります。

まずは、グッドルーザーの精神が学べる機会を提供するために、小学生5年生以下を対象に、JCカップU-11少年少女サッカー全国大会の予選大会を開催し、試合に敗れても相手を称え、物事を前向きに捉えられる「和」の精神性を兼ね備えた人財を育成します。そして、地域の再興に向けて日々努力するJCの様々な活動を、多くの市民に広く認知していただくために、各活動の告知や報告などを随時ホームページより発信することで、対外的にJCの魅力を伝えていくと同時に、より多くの共感が得られるように運営します。さらに、各LOMの会員拡大活動を支援するために、JCの精神、運動の必要性等を発信できる交流の場や、共に地域課題に取り組むことのできる新たな人財との出会いの場を作り出し、JCの運動を理解していただくことにより一人でも多くの同志を仲間にします。また、各LOMの組織力を強化するために、リーダーシップを発揮することのできる会員や、高いパフォーマンスで取り組むことのできる会員を育成し、一人ひとりの成長によって、これまで以上にJCの組織力が向上することで、愛と希望溢れる徳島を実現します。

地域貢献に高い意欲を持つ会員の拡大が進み、強固な組織力を持った我々が、当事者意識を持った能動的な市民や諸団体を巻き込み、率先して徳島を発展させることができる価値のある団体となり、未来を担う若い世代が夢を描ける愛と希望溢れる徳島を創造します。

 

〔事業計画〕
1.JCカップU-11少年少女サッカー全国大会の予選大会の実施
2.ホームページの管理
3.LOMの会員拡大と組織強化の支援