絆が創る未来へ

会員会議所連絡会議

会員会議所連絡会議 基本方針

戦後の混乱期より先人達の尊い努力があり急速な復興を遂げ日本は高度成長を成し得ました。いつの時代にも青年が時代の変化を捉え、地域社会を牽引してきました。現代でも共生社会の実現や貧困問題、少子高齢化など多くの障壁が目の前に迫っています。我々、青年会議所は高い志のもと率先して行動し、神奈川県や自治体、企業と協力体制を強め地4域を牽引するリーダーの創出を見据え、地域で輝く人材の育成を担わなければなりません。
まずは、21LOMのメンバーへ本会及び関東地区協議会、神奈川ブロック協議会の運動と方向性を共有すべく会頭公式訪問の開催とブロック会長公式訪問を実施し、21LOMが抱えている問題や課題と向き合い、より良い地域にするためにメンバーの資質向上や自己成長につなげ、各地域にはなくてならない組織として21LOMの発展に寄与して参ります。また、これからの神奈川を牽引し未来に輝く人材の育成と行政とのつながりを強めLOM益に資するために神奈川県知事との政策懇話会の開催と共通の信念を持ち同じ方向へ進む横のつながりを持った、地域を牽引することのできる志高きリーダーを輩出する志塾を開催致します。そして、自治体や諸団体、企業と連携し、持続可能な開発目標の重要政策を見極め地域社会での先頭に立つべく、SDGsを達成していくための事業の企画、実施して結果を検証し成果を残す事で、より良い地域創りを支援して参ります。また、2019年JCIWorldCongressタリン大会の登録推進に努め、2020年に控えるJCIWorldCongress横浜大会に向け調整や支援を図って参ります。
変化に対応し、他者を思いやり高き志を抱く、想いを伝え周囲に伝播し人々へ意識変革を起こすことのできる地域のリーダーを輩出します。そして、社会へインパクトを与え持続的な事業を推し進める事で繋がりから生まれる幸せに満ちた神奈川の創造を実施します。

会員会議所連絡会議 議長 渡邉 博明
(公益社団法人津久井青年会議所)

事業計画

1:ブロック会長公式訪問の実施
2:神奈川県知事との政策懇話会の開催
3:会頭公式訪問の実施254:志塾の開催
5:【ブロ連】地域社会でSDGsを達成していくための事業の企画・実施(通年)
6:2019JCIWorldCongressタリン大会の登録推進(通年)
7:2020JCIWorldCongress横浜大会の支援(通年)
8:各会議・局・委員会事業への協力(通年)

PAGETOP
Copyright © 神奈川ブロック協議会 All Rights Reserved.