共感溢れる地域のために いま変化を起こせ

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

公益社団法人日本青年会議所 東北地区青森ブロック協議会

2019年度会長 倉橋 龍太郎

2019年度スローガン

共感溢れる地域のために いま変化を起こせ

【誰かのために何が出来るか】
人のため、仲間のために何が出来るか。青年会議所に入会してから大事にしている理念だ。誰かを支え、支えられて私は青年会議所活動を今日まで続けてきた。様々な出会いと機会をいただき、青年会議所で出来た仲間を信じ、仲間と共に課題や困難に対し諦めずに挑戦し続けてきた。活動に邁進するうちにやがて、独りよがりで生きてきた自分から脱却でき、人のために生きる、と言う長い人生の道標となる軸を、より密に太くすることが出来たことは、誰かに奪われることはない自分だけの財産だ。この財産は自分だけで築けたものではなく、今この瞬間も行動を共にし、寄り添ってくれている仲間と、人生の学び舎である青年会議所に対し深く感謝の念を抱いている。人間は誰しも発展途上であり、成長することに終わりはない。青年時代とその先の長い人生において、2019年度青森ブロック協議会全メンバーが、これまでにない成長を遂げ、人のため、仲間のために率先して行動出来る人財となり、地域のリーダーとして活躍し、心豊かな人生を送れるよう、身命を賭すことを誓う。

【青森ブロック協議会のミッション】
青森ブロック協議会は、日本青年会議所と青森県内8つの会員会議所を基盤として、青森ブロック内会員会議所会員の意見を総合調整し、青年会議所運動の進展に寄与することを目的として1971年に発足した。青森ブロック協議会は県内8会員会議所と連携して、まちを超えた会員相互の交流や情報交換や青森県全体の課題や広域に渡る事業に対して取り組み、日本青年会議所が推し進める運動を全国に展開する一助を担っている。青森ブロック協議会が県内の8会員会議所に対してすべきことは、多様な特性を持つ青森ブロック内8会員会議所が培ってきたノウハウや、まちの中で築いてきたポジションの取り方、抱えている課題を共有して、共に発展できる可能性を探求していくことではないだろうか。好事例は積極的に各地で採用し、課題に対しては8会員会議所全てで対策を考えるなど、自分のまちでは生み出せないきっかけが他所の会員会議所にある場合が多々ある。会員会議所間の情報共有と熱意の伝播の場として活用していただき、お互いを認め共感を生み出し、前進していく組織として支え合って活動していくことが青森ブロック協議会のミッションである。

【未来のために今行動する】
多くの先輩方から、出向することは青年会議所活動の中で一番成長できる機会であると教わった。青森ブロック協議会に出向していただくメンバーは、自分の所属する青年会議所の看板を背負い、勇気ある一歩を踏み出し、決意をもって出向してくる。出向してくるメンバーに対して私は、彼らの成長を考え、最大限の愛情と厳しさを持って応えたい。そして、楽しいこと難しいこと、全ての活動に真剣に挑戦し、集いたくなるワクワクする組織を皆で創り出する。青森ブロック協議会に皆が本気で向き合えば、まちを越えて本音で語り合える、かけがえのない固い絆と共感が生まれ、やがて人と地域を巻き込む原動力となる。出向したメンバーが一回りも二回りも成長して自分の所属する場所に戻り還元することで、青森ブロック内会員会議所の更なる飛躍に繋がることを確信している。

【全てはこの地域のために】
私たちの住み暮らす青森は、農水産業を軸とした第一次産業が経済基盤となり、近年ではインバウンド戦略をもとに、観光産業に官民一体となって注力しており、市街地を歩いていると交流人口の増加を実感できる。しかしながら、昭和58年度の152万人をピークに人口減少が続き、平成30年度は126万人にまで減少しており、依然としてGDPは全国平均を下回っている。健康寿命の低水準も相まって、健康・文化・仕事・生活・教育を加味した幸福度ランキングでは47都道府県中46位との結果が出ており、幸せを実感できない背景があると言われている。ピンチをチャンスと捉え、地域とそこに住む人々のことを互いに大切に想い、共感を生み出せる環境づくりを通じて、SDGsの推進を軸に地域に誇りと心の安寧を実感できる地域へと押し上げていくことが、多様化と個別化が加速していく2020年代へ向けて必要である。

【結びに】
これからの日本、これからの青森、そしてこれからの私たちに大事なことは、多様なコミュニティがあるなかで、複数のコミュニティに参画し、コミュニティ間を日々行ったり来たりを繰り返しながら、学び成長し、影響力を身に付け、時代に合わせて自分自身を更新できる感覚を養っていくことであると切に思う。地域の住民、各地青年会議所会員、全ての人々の好奇心を掻き立て、変化を恐れず時代を捉えて共感を生み出し続けられる組織として、青森ブロック協議会を人々に選ばれる地域コミュニティとして確立出来れば、私たちの住む青森は、未来への希望が溢れる、明るい豊かな社会へと必ずや前進できる。

PAGETOP