2020年1月15日(水)
春日部市の東部地域振興ふれあい拠点施設《通称:ふれあいキューブ》において
公益社団法人春日部青年会議所の新春賀詞交流会
「今、歩むべき道に徹する~これからの未来を生きる子ども達の為に~」が盛大に開催されました。
周年ロゴ
IMGP1644
Ensemble River(アンサンブルリバー)楽団の木管楽器五重奏によってオープニングが行われ、粛然と心地良い雰囲気となりました。演奏後スポットライトが壇上を照らし、そこから一変、そこに現れた第56代理事長 田中寿興君が力強く挨拶を始められました。
IMG_1102
IMG_1119
IMG_1147
「愛する郷土の発展と人間性の向上」の信念のもと創立された当初の想いや、これまで受け継がれてきた「誇り」という名のバトンに対しての重み、これまでの地域、行政、各諸団体、先輩諸兄への強い感謝と、これからの未来を生きる子ども達に向けて、一人ひとりの持てる最大限の力を運動に傾けようという志が込められていました。

そして、2020年運動の方向性については
子どもたちに多様な現代を生き抜く力を身に着けさせるための「成長を支える大人たちに向けた運動」、
知的好奇心を呼び起こすことで、自分たちの街を大切にしようという心を育む「子どもたちに向けた運動」、
自国へのアイデンティティを高め「日本が未来に残すべき歴史の知識を深めていく」、
という考えを聴くことができました。

そして、最後は江戸時代の儒学者、佐藤一斎が残した
「一燈を提げて暗夜を行く。 暗夜を憂うること勿れ、只一燈を頼め」という言葉になぞり、春日部青年会議所のメンバーが地域の一燈として歩んでいき、第56代理事長として組織の先頭を歩んでいくという決意を発せられました。
IMG_1151
IMG_1244
それからは2020年度春日部青年会議所の正副理事長及び専務理事の紹介、来賓挨拶・来賓紹介、来訪JC紹介、そして乾杯からの懇親会となりました。会場内は春日部青年会議所メンバーも合わせると230名を超える会となっていました。
また会の最中においては春日部青年会議所が今年創立55周年の節目の年ということで、記念式典・記念謝恩会が開催される説明とともに、多くの人が出席してくださるよう強い意気込みが伝えられました。
IMG_1285
IMG_1287

2020年度の春日部青年会議所の全ての事業が大成功裏に終わらせますことを心よりご祈念申し上げます。
IMG_1290-1
取材担当:JC運動推進委員会 会計幹事 細谷 庄平