公益社団法人日本青年会議所 関東地区 埼玉ブロック協議会 2020年度公式ホームページ

第69回全国大会 北海道札幌大会

  • HOME »
  • 第69回全国大会 北海道札幌大会

大会PR動画公開中

全国大会まであと100日


20200421145123_5e9e89db22aef

【主催】公益社団法人日本青年会議所
【主管】一般社団法人札幌青年会議所

~紡いできた軌跡と起こした奇跡と起こす奇跡~

1951年「新しい日本の再建は我々青年の仕事である」という覚悟のもと、日本JCは設立され、そこから紡いできた軌跡。そして、日本JCが起こしてきた様々な運動の奇跡。
その奇跡を継承し新たな組織に進化できる新たに起こす奇跡。次年度への方針を共有する第69回全国大会北海道札幌大会。

また、開催地である北海道札幌は古代よりアイヌが独自の文化を持ち、自然と調和しながらその恩恵を受け育まれ、国内でも類を見ないほど様々な変化に対応し、ひと、まちを進化させてきた、開拓者精神の軌跡があります。厳しい自然環境の中、このまちは僅か150年で目覚ましい進化を遂げ、北方での地域でも世界に誇れる都市機能を持つまでになった起こした奇跡の結晶がこの地にはあります。大会テーマにはそのような様々な”キセキ”への想いが込められています。

【札幌市の歴史と大会テーマについて】
札幌市は、明治2年(1869年)の開拓使設置以来、北海道開拓の拠点として発展し続け、現在では人口190万人を超える、全国5番目の都市に成長しています。150年余りでキセキの発展を遂げたこのまちは開拓判官・島義勇を中心にほぼ無人の原野であった札幌に「五州第一の都」(世界一の都)を造るという壮大な構想を描きまちの開拓を行っていきました。
札幌市に点在する“星”のマークは五稜星と呼ばれ、北極星をモチーフにした開拓使のシンボルとして使われていました。この星とともに開拓者の精神性がいまも札幌や北海道の地には脈々と根付いています。サッポロビールの缶や瓶に印象的に使われている星のマークは、開拓使が旗や建物に描いたこの「五稜星」がルーツです。大会テーマである“キセキ”には国内でも類を見ないほど様々な変化に対応し、ひと、まちを進化させてきた、開拓者精神の軌跡や北方での地域でも世界に誇れる都市機能を持つまでになった起こした奇跡の結晶への特別な想いが込められています。

【開催日程】
2020年09月25日(金)~2020年09月27日(日) 3日間
【大会登録料】
13,000円

大会登録
https://www.jaycee.or.jp/zenkoku2020/register/login

宿泊予約について
https://www.jaycee.or.jp/zenkoku2020/page/lodging-2

※第69回全国大会北海道札幌大会では、JCアプリ内の個人バーコードを登録証の代わりに使用させていただきます。
つきましては、全国大会参加者の皆様には、JCアプリをインストールしていただく必要がございます。
以下に、アプリのインストール方法および個人バーコードの表示方法についてご案内させていただきます。

■JCアプリについて
http://www.jaycee.or.jp/2020/kanto/saitama/?page_id=953

下記リンクよりインストールをしてください。
App Store(iphone)
Google Play(Android)

■アプリのログイン方法
インストールが完了し、アプリを起動するとログイン画面が表示されます。
ログインID/パスワードの初期設定は、下記の様に設定されております。
  ・ログインID(例):000101234
      前半の4桁・・・LOM認証番号(3桁の場合は最初に「0」)
      後半の5桁・・・個人認証番号
  ・パスワード(例):19830628(生年月日8桁)

公式ホームページ

banner

PAGETOP
Copyright © 埼玉ブロック協議会 All Rights Reserved.