国際貢献委員会 SDGs情報発信

今回のSDGs情報発信は国連WFPの活動を紹介します。

国連WFPは、飢餓のない世界を目指して活動する国連の食料支援機関として毎年約80カ国 8,000万人に支援を行い、飢餓とたたかっています。紛争や自然災害などの緊急時に食料支援を届けるとともに、途上国の地域社会と協力して栄養状態の改善と強い社会づくりに取り組み、SDGs目標②飢餓をゼロに、を取り入れ様々な現実課題の解決、寄与する取り組みの活動をしている機関です。

また、個人から企業まで誰もがSDGsに貢献・国際貢献・寄与する取り組みができるレッドカップキャンペーン、国連WFPの活動をサイトで是非ご覧ください。

 

レッドカップキャンペーンとは?images

 

 

2018年は25が参加、約211万人の子どもたちに給食を届けました。

レッドカップキャンペーンに参加すると…

 

 

https://www.jawfp.org/redcup/company/?utm_source=ydn&utm_medium=cpc&utm_campaign=(D)ST_RedCup&yclid=YJAD.1584276791.EU3Azcudcq2dwpa2mp9uf8yG5uWymwfE6_.ndGbgbo8.UTwopBOT55O1Z5GaJOHyKBBz06TIV_xC3cL7auXPkguBNc8hQ.uw7hQcPo0M5dMaCQg-

まだSDGsの取り組みをされてない方、取り組みの方法がわからない方でもキャンペーンに参加することで、SDGsに貢献・社会貢献活動ができ、また貧困状態など世界の課題等が理解しやすく当事者意識を持つができますので是非とも参加していただきと思います。

この情報を通じて会員の皆さんには、SDGsをより多くの人に知ってもらうためにも社員さん、家族、知人の方に国際貢献の素晴らしさ、SDGsの取り組みの発信、共有、拡散をしていただきたいと思います。

引き続き、国際貢献委員会ではSDGsの国際貢献活動事業、企業の取り組み事業の情報発信、会員の皆さんには、いち早く社業にSDGsを取り組んでいただけるよう努め、また、普段の生活でも世代に関わらずSDGsの言葉が一日でも早く飛び交うことを目指し、実現に向けて今後も国際貢献委員会はSDGsを推奨して参ります。