万緑一笑  笑顔溢れる生きがいに満ちた大阪の創造

会議体・委員会の紹介

  • HOME »
  • 会議体・委員会の紹介

 

TEAM OSAKA推進委員会

委員長 藤本 将太郎

準備中

 

 

藤本委員長3
大阪ダイバーシティ推進委員会

委員長 西村 康至

令和の時代に突入し、時代の移り変わりや社会を取り巻く環境の変化とともにニーズは多様化しており、このようなニーズに応じていくには社会が多様な能力や考えを受け入れていく必要があります。それにはまず私たち青年会議所が、先陣を切っていかなければなりません。大阪ダイバーシティ推進委員会ではその名のもとに様々な意見や考え方を取り入れるべく、女性に特化したものや、若年層に目を向けた会員拡大アカデミーを実施します。
そして、多子社会を実現するために、多くの問題を浮き彫りにするような討論会を行い、子育て世代の人々とともに、解決策を模索していくことができる社会を目指します。さらに、我々の運動をより多くの府民に発信するために、大阪ブロック大会寝屋川大会にて、スケールメリットを活かしたフォーラムを開催し、日本全体の課題として考える機会としながら、青年会議所の運動をより府民に浸透させていきます。また、大阪の人間味溢れる魅力をより定着させるために、全国大会にてブースを出展し、大阪のおもしろさと溢れる笑顔を全国に発信するとともに、日本全体が大阪に興味を抱き、行きたくなる大阪を創造します。委員会活動としてもメンバー全員が意見しやすく、建設的な会となり、メンバー一人ひとりが成長できる内容にしていきます。

西村委員長2
大阪レジリエンス向上委員会

委員長 西野 滋基

近年、急速に進むグローバル化や高齢化など、顕在化した課題が数多くあり、私たちが住み暮らす現代においては、異常気象、自然災害、紛争、貧困格差など、地球規模の課題が地域や国境の枠を超え、重大な影響を及ぼしています。将来が懸念される時代だからこそ、我々JAYCEEが安全保障や政治に対しての責任を自覚し、持続可能で強靭、そして誰一人取り残さない経済、環境、社会の実現をより一層加速させていく必要があります。まずは、青年経済人と次世代が、SDGs推進の中核となり持続可能な社会が形成されるために、各企業が社業の取り組みをSDGsに紐づけ課題を洗い出すことで、SDGsの更なる推進と社会課題解決の基盤を地域に根付かせます。そして、多種多様な脅威から大阪を守るために、一般府民及び会員が大阪の抱える問題を共有し、早期警戒情報の入手と警戒強化を行うことで、安全意識が醸成されます。さらに、民間外交を推進するために、 商都大阪ならではの文化を発信し、アジア太平洋の仲間と一体となって楽しみ友情を育むことで、地域経済発展の一端を担います。また、政治に対して意識の低い若年層に、政治をより身近に認識していただくために、若者たちが広く使用しているSNSを有効活用し、 広報と連携することで、自らが主権者であるという当事者意識をもって、政策本位の政治 選択を行う一助として投票率増加を促します。そして、出向メンバーの尽力を称え、本年度のバトンを次年度へつなぐために、1年間の振り返りを行い、出向メンバーの成長や活 動を共有することで、次年度へ更なる意欲をもって取り組める最良の場を提供します。地域再興の能動者たる府民一人ひとりのレジリエンスが高まり、気概をもった我々の運動が、共感とともに希望の光として大阪の未来像を各地に照らし出し、持続可能な社会を予感することのできる、全ての人びとが 笑顔で生きがいを持てる国 日本を創造します。

西野委員長2
笑顔溢れる大阪創造委員会

委員長 森村 廣

当委員会では、大阪を笑顔で溢れさせ、大阪ブロックの運動を各地域に伝播させるために、多くの市民が“参画”するブロック大会を寝屋川にて開催します。
また、これからの青年会議所が創始の精神を保ちながらも、より若者や女性からの共感を得られるような組織改革を提示していきます。
そして、JCカップの大阪予選大会を通しては地域コミュニティの活性化、近畿地区大会のブース出展では大阪の魅力を伝播させることを目指し、これら各事業によって笑顔溢れる大阪を創造します。

森村委員長3
財政局

局長 山内 綾子

財政局では、大阪ブロック協議会内の各委員会で作成された事業計画等について財政コンプライアンス面の指導及び必要な支援を行なうとともに、毎月1回厳格な審査会議を実施しています。公益法人会計の適正な運用とコンプライアンスに基づいた運動を行う組織運営が徹底された大阪ブロック協議会であり続けるため、各委員会と協力しながら日々邁進致します。

山内局長8

総務・広報戦略委員会

委員長 中原 明日香

我々,総務・広報戦略委員会は,大阪ブロック協議会のスローガン『万緑一笑』に向けて,ブロックの組織運営の下支え(総務)をしながらブロックおよび大阪府下29LOMの運動の鮮やかな発信(戦略的広報)に努めてまいります。
委員会スローガン『It’s my pleasure!(お役に立てて光栄です)』を胸に,1年間頑張ります。
どうぞ,よろしくお願いいたします!
■Facebook
TOP:
https://www.facebook.com/osakaBK/
諸会議の記事:
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2489431191165267&id=386698124771928
■インスタグラム
https://www.instagram.com/mirai.osaka.29.jc/

中原委員長2
PAGETOP