事業名称

SDGsによるビジネス改革

申請LOM

一般社団法人 佐賀青年会議所

事業に至る背景

昨今、ビジネスのあり方が多種多様になり、様々な団体・企業・行政において業務提携や協業というものが少しずつ増えてきています。地方では経済が縮小している中、佐賀においては緩やかに回復していますが、より経済が発展するにはビジネスのあり方を変革し、佐賀の経済のあり方を考えていく必要があります。

事業の目的

住み暮らす地域のビジネスにおいて有益な情報を市民の皆様に届け、今後の地域の経済における活性化を図り、時代の移り変わりによって新たに生まれたビジネスの良さや変化を知ってもらい今後社業に生かせる情報を知ってもらうことを目的とします。

事業概要

様々な団体・企業・行政において業務提携や協業というものが少しずつ増えてきている中、より経済が発展するにはビジネスのあり方を変革するための新しい手法としてSDGsによるビジネス改革が必要であります。昨今佐賀県もSDGsを取り入れ始めている中、まだSDGsが地域の方々に浸透していないのが現実です。SDGsがどんなものなのかを知って頂くことから始めるため参加者の皆さんでSDGsのカードゲームを体験して頂きます。そのゲームの中で学生と企業の方々との交流もできます。そして、ゲームを終えた後講師の方にSDGsを行うことで得た新たなビジネスモデルをお話頂き参加して頂いた皆さんにSDGsとビジネスとのつながりを知って頂き興味をもってもらい佐賀からSDGsを広げていける一助とします。

結果・影響(LOM、社会)

今回SDGsカードゲームと対談という2つを組み合わせて事業を行いました。本来はSDGsカードゲームのみ、対談のみといった形が主流の中、目的としてSDGsを学んで帰って頂くだけではなく今回体験し、学んだSDGsの内容を頭に入れていただいたうえで、すぐに実際SDGsを取り入れていらっしゃる企業の方とSDGsはビジネスとも繋がっているという認識も植え付けてほしいという目的で時間は長くなってしまいますがこの内容で展開しました。
事業の中身、内容についてはSDGsとはどんなことなのか、ビジネスとSDGsはどんな繋がりがあるのかについてはアンケートの結果からも理解が出来た、もっと知りたいとの回答から達成が出来たと思います。
社業に取り入れてみたいという方や会社を社会にアピールしたいなど前向きな回答も多くありました。

協力団体

Kens.co 代表 川口 信弘 様
SDGsカードゲーム 公認ファシリテーター
特定非営利活動法人日本ファシリテーション協会 理事 亀井 直人 様
SDGsカードゲームアシスタント
天野 英樹 様
フィッシュ明子 様
コーディネーター
デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社 香月 稔 様

事業風景