起業課93.7~地域企業が起業家とつながるプラットフォーム~チラシ_ページ_1

起業課93.7~地域企業が起業家とつながるプラットフォーム~チラシ_ページ_2
起業課93.7~地域企業が起業家とつながるプラットフォーム~

(公社)日本青年会議所関東地区協議会 起業家支援委員会では、1都7県の広域経済圏の確立を目指し、関係人口としての起業家と地域企業(JC企業)をつなげるビジネスマッチングを実施致します。
マッチングの結果、かかわる地域やJC企業の発展、そしてイノベーションによる新しい価値を生み出し、各地域の生産性、各県内総生産を向上させてまいります

つきましてはプラットフォームの参加者を募集致しますので、下記URLよりご応募いただけますと幸いです。地域企業にとって、大きなビジネスチャンスになる機会となりますので、ぜひともご周知そしてご応募の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScrsrCsx91_Ks79GRuaZ7Tk1YFI_0nQPt7BSTXxhnPEXtKq0Q/viewform

■募集期間:~2023 年2 月28 日(火)
※プラットフォーム②-2 Makuake 新商品開発コースは1 月29 日(日)に締め切ります
■コース
下記3 コースからお選びください。
※複数コース希望もできます。 ※各コースには条件があります。

・プラットフォーム①NEXs Tokyo 推奨スタートアップ企業おてつたびとのマッチングコース
・プラットフォーム②-1 Makuake キュレーション伴走コース(自社新商品販売・テスト販売コース)
・プラットフォーム②-2 Makuake デザイナーとの新商品開発コース
※参加要件があり選考があります。選考後2 社までとなります。
※新商品を開発するため、参加企業には製作コストや人件費など実費がかかります

■主催:(公社)日本青年会議所関東地区協議会
■事業に関するお問い合わせ:
関東地区協議会 起業家支援委員会 猪股大輔 jci.kanto2023@gmail.com

■NEXs Tokyo
「NEXs Tokyo Project (総称 Nexus Ecosystem Xs Tokyo Project 、 通称:ネックス トウキョウ)」は、全国のスタートアップに全国各地・海外への事業展開や事業加速に挑戦していただくためのコミュニティの名称で、東京都が運営しています。NEXs Tokyoは、都内スタートアップが更なる成長を遂げるため、また東京がスタートアップエコシステムとして発展するために、業種・業界・地域の壁を越えた連携の仕組みが必要なのではないかという課題意識から生まれました。2022年8月31日時点で306社のスタートアップ企業が所属、その他多くのパートナー団体が登録されています。今回、関東地区協議会ではNEXs Tokyoのパートナー団体として、関東地区協議会圏内のメンバーの皆様に対して、未来を期待されるスタートアップ企業とつながれる機会をご用意させていただきました。※直接企業へ問い合わせによるマッチングはできません。多くの企業が各地域に対して、販路拡大や人財確保、社会実験の場を求めています。いちユーザーとして、各企業の利用をすることは皆様の生活を豊かにすることはもちろんですが、メンバーの皆様の企業が各企業のサービスを利用または、取引・支援することでメンバー企業の新しい価値の創造が期待されます。
スタートアップ企業の中で、つながりたい企業がありましたら、確認後ご紹介させていただきます。※企業の状況により、ご希望に添えない場合があります。
NEXs Tokyoとは:https://nexstokyo.jp/  
スタートアップ企業一覧:https://nexstokyo.jp/startup/

■おてつたび

おてつたびは、NEXs Tokyo所属、スタートアップ企業で、今後期待される企業です。
おてつたびは、日本各地の素敵な地域へ行く人が増えて欲しいという想いから生まれたサービスであり、地域の困りごとをお手伝いする事により報酬を得ながら旅行をする事が可能なため、行きたかった地域にいく際のボトルネックになりがちな旅費を軽減する事が可能な点が特徴です。また、お手伝いを通じて地域の方と関係性ができ再び同じ地域へ訪れる参加者も増えており、地域のファン(関係人口)が創出されています。。今回、おてつたびのサイトに登録そして利用いただくことで、地域企業・地域への関係人口増加(ファンづくり)を目指します。ユーザーがファンになることで、再訪のみならず、地域企業の商品サービスの商品や購入や、ユーザー口コミによる企業ブランディングが期待されます。※登録無料 ※実際におてつたびが利用された際にユーザーへの支払いが生じます。
おてつたびサイト:https://otetsutabi.com/
おてつたびとは:https://otetsutabi.com/corp

■Makuake

Makuakeは株式会社マクアケが運営する、クラウドファンディングのサービスです。新商品を打ち出したい企業は、Makuakeのプラットフォーム上で商品を宣伝することで、顧客から資金を集めることができます。Makuakeを利用することで、テストマーケティングからPR、販路拡大までを一貫して実施できるため、新商品の販売をする際に利用をする企業が増加しているプラットフォームです。今回、Makuakeサイトに新商品を出品することで、企業や地域に新しい価値の創出を目指します。(デザイナーと共同新商品開発コースと自社新商品登録コースがございます。) 自社新商品登録コースは新商品ではなくても、少しの改良で新しい価値となるものがあります。製造業のみならず、飲食や観光や行政の登録もございます。※登録無料 販売売上に対して手数料等が生じます。※共同新商品開発コースは、下記AMNとの共同プロジェクトになります。下記ご確認ください。
Makuakeサイト:https://www.makuake.com/     
Makuakeとは:https://lp-mk-1.makuake.com/
■AMN
AMNはデザインとテクノロジーを駆使することで、あらゆるブランドを変革する企業です。またデザイナー、企業、公共団体等とコラボレーションを行うことで、大きなインパクトを創造します。多様な分野の専門家ネットワークにより、最高水準のクリエイティブを提供します。現在、デザイナーと企業による商品開発プロジェクト「Aichi Design Vision」や「Hamamatsu Design Vision」を企画・立案、運営しています。また、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケが主催した「Makuake Local Meetup@名古屋」にて、ワークショップの一部企画・運営を担い、地域企業の商品開発を支援しています今回、AMNとともに、地域企業(JCメンバー※限りがあります。選考があります)とデザイナーをマッチングさせ新商品開発を行い、Makuakeのサイトに出品することで、企業や地域に新しい価値の創出を目指します。※選ばれた企業はAMNとの初期費用(製品・パッケージデザイン等)は無料です。新商品を開発するため、参加企業には製作コストや人件費、デザイナーの交通費など実費がかかります。また販売売上に対して手数料が生じます。
AMNサイト:https://amn.aichi.jp/      
事例:https://amn.aichi.jp/works/
【参加要件】:
1) 企業内で3人1チームプロジェクトチームを結成できること
決裁権限者1名、技術系(ものづくりの専門知識をお持ちの方)1名、管理系1名
2) 拒否感のない前向きな企業であること ※試作品を作りながらプロジェクト進めていくという流れになるため
3) 自社で製造機能をもつこと
4) 試作品製作に伴うコストなど実費を負担できること
材料代、作業代やデザイナーの交通費等は各社にてご負担いただきます。
5) 契約書(基本契約書、基本契約書覚書、秘密保持契約書)を交わすこと
※販売価格に応じたロイヤリティ契約があります。販売価格は、参加企業とデザイナー、AMNと3社間で決定します。関東地区協議会は関与致しません。

詳細は以下をご参照ください。
公益社団法人 日本青年会議所 関東地区協議会HP
https://www.jaycee.or.jp/kanto/