第30回国際アカデミーin熊本が2017年7月9日~13日の期間で開催されました。

山口ブロック協議会からは、一般社団法人 岩国青年会議所 友田 洋介 君と公益社団法人 周南青年会議所 河村 啓太郎 君が参加されました。
その報告となります。

私は公益社団法人 周南青年会議所 専務理事の河村啓太郎と申します。
今年月に行われました第30回国際アカデミー熊本についてご報告をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
第30回国際アカデミーin熊本は2017年7月9日~7月13日の期間で開催されました。

全96か国、日本国内全都道府県から多様な価値観と才能をもつ約180人のメンバー(デリゲイツ)があつまり、寝食を共にしながら、セミナーを受け、激論を交わし、友情を深めていきました。

国内からは各ブロックから2名ずつ、全国から94名の青年会議所メンバーが参加しました。山口ブロックからわたくしともう一人、一般社団法人 岩国青年会議所 副理事長の友田洋介くんも参加されています。

今回のご報告みなさまにお伝えしたいことは下記の3点です。

①国際アカデミーで得られるすばらしい経験を伝承すべく、ぜひ来年以降も山口ブロックのメンバーに継続して出向をお願いしたいということ。

②JC活動のインパクトを持続的に高めるためのすべての基本は拡大であり、これからの拡大のメインターゲットはミレニアル世代であるということ。

③そして拡大を含むすべての活動の原点はクリードであり、そのクリードの意味をしっかりと理解することが最も大切である

という3点です。

今回の国際アカデミーでは本当にすばらしい体験をさせていただきました。どんな雰囲気だったかは別添の動画やパワーポインやをご覧になってみてください。

第30回国際アカデミーin熊本 報告_PowerPoint

 

各国からきているデリゲイツは2018年にはNOM会頭になられる人ばかりでしたが、優秀さも人間らしさも肌身で感じることができました。

参加者全員が時間的・金銭的な万難を排しての参加ですから、特別な一体感があり1週間の期間でまさに一生ものの人脈を得ることができます。

国際アカデミーが終わってからも相当頻繁に各国デリゲイツ、国内デリゲイツとやり取りをしています。ぜひこの素晴らしい体験を各地会員会議所のメンバーにも経験していただきたいと思っております。

国際アカデミーは私たちJCIメンバーがどうやって地域・国・世界にインパクトを与えるか?を徹底的に考える機会ですので学ぶテーマは多種多様です。公益資本主義のコンセプトを体系的に学んだり、自身・組織の成長を阻害する思い込みや固定観念をはずすためのプログラムなど、たくさんの学びがありました。

ただし、その中で一貫して伝えられた一番のテーマは「拡大」であったと思います。

それは地域にインパクトのある活動をするにはメンバーの質、そしてなにより人数が必要だからです。

そして今後あらたにJCIに加わっていくのは1990年から2000年生まれまでのミレニアル世代です。

ミレニアル世代はデジタルネイティブであり、多様な価値観があたりまえの社会の中で育っています。

JCの良さを理解するには入会し、会の中で自分自身の目標を見つけ一生懸命活動し、その中で真の友情を培っていかねばなりませんが、入会する前に「ここは自分の価値観を認めてくれそうにないな」と思った瞬間にミレニアル世代は私たちのもとを去っていってしまいます。

私たちには今までの慣習や価値観にとらわれない柔軟な発想が必要とされているのです。

その一方で、そのなかで「真の根っこの部分=原理原則」が私たちの狂ってしまってはなんのための会なのか、なんのためのJC活動なのかわからなくなってしまいます。

そこでいまこそクリードの意味をしっかりと理解し、自分たちの芯にしていかねばなりません。

そこでみなさまに別添のクリード音声をお聞きいただきたいと思います。

いかがでしょうか?相当ゆっくりに間が開けられていると感じたのではないでしょうか?

我々の慣習からすると読みにくい部分はあるかもしれませんが、一方で英文の意味を理解し、かみしめながら読み上げるには適当なスピードといえると思います。

ぜひこのクリードの読み方を各LOMに浸透していただき、再度自分たちの活動目的を見直すきっかけにしていただきますようお願いいたします。

最後に冒頭からありました通り、今回の国際アカデミーではこれまで私のJC活動の中であまり得られなかった「国際の機会」を得ることができました。

私自身英語がすごく得意、というわけではありませんでしたが、たくさんの各国NOM会頭、各地のメンバーと特別な関係を築くことができました。

このような貴重な機会をいただきました公益社団法人 日本青年会議所 中国地区山口ブロック協議会 永田会長・一般社団法人 岩国青年会議所 林理事長・公益社団法 人周南青年会議所 中川理事長に心から感謝をいたしますとともに、今回のご縁を活かしながら微力ながらも地域に貢献できるように今後もJC活動を頑張っていきたいと思います。

 

Who Change the World? It‘s US!

世界を変えるのは、オレたちだ!

 

一般社団法人 岩国青年会議所 友田 洋介
公益社団法人 周南青年会議所 河村 啓太郎