東海フォーラム2017の中で行われた、東海アワード2017の受賞LOMが下記の通り決定しました。

 

織田信長アワード 最優秀受賞LOM

Aグループ  岐阜青年会議所

Bグループ  関青年会議所

Cグループ  北名古屋青年会議所

 

徳川家康アワード 最優秀受賞LOM

Aグループ  岡崎青年会議所

Bグループ  島田青年会議所

Cグループ  名張青年会議所

 

豊臣秀吉アワード 最優秀受賞LOM

Aグループ  豊川青年会議所

Bグループ  愛知中央青年会議所

Cグループ  下呂青年会議所

 

 

 

○織田信長アワード・・・斬新的な企画
織田信長は進取の精神に富み、「天下布武」という目標をいち早く掲げ、楽市楽座など斬新なアイディアを積極的に実施することで、地域経済を活性化させた。そのような信長にあやかり、企画力の優れた事業を褒賞する。審査は事業計画の新規性、独自性、設定目標の高さ、地域社会への貢献度を総合的に評価する。
※各LOM自慢の独自的・斬新的な事業

○徳川家康アワード・・・持続性のある事業
「鳴くまで待とうホトトギス」で知られる通り、徳川家康は地道な努力を重ね、時機を待つことで天下統一を成し遂げ、太平の世の礎を築いた。そのような家康にあやかり、長期にわたり継続された事業を褒賞する。審査は事業の継続年数、将来的な持続性、地域社会への貢献度を総合的に評価する。
※各LOMは長期継続事業、若しくは将来的に継続される見込みの事業

○豊臣秀吉アワード ・・・優れた拡大手法
家臣団を有しない豊臣秀吉は、竹中半兵衛・黒田官兵衛など有能な人材を集め、文武両道の強力な組織を構築することで天下統一という目標を成し遂げた。そのような秀吉にあやかり、積極的に会員拡大に取り組み、効果的な拡大手法を創出したLOMを褒賞する。手法内容の汎用性や合理性及び拡大実績を総合的に評価する。
※各LOMは会員拡大の方針及び手法、並びに実績として下記3項目を選定基準にする。
純増率(2016年度新入会員数/全正会員数)
女性会員比率(女性会員数/全正会員数)
20代比率(20代会員数/全正会員数)

€