みなさんお花見には行かれましたか?

お花見の次は待ちに待ったゴールデンウィークでしょうか。

旅行に行かれる方やご家族でレジャーなど、すでに予定が決まっている方もいると思いますが、まだ予定を決めていない方必見ですよ。

ゴールデンウィークには藤の花が見頃を迎えますね。
愛知県内で開催される藤まつりをピックアップしてみました。

岡崎

津島

第52回江南藤まつり(江南市)

尾張の古刹・曼陀羅寺に隣接する曼陀羅寺公園で4月中旬から5月上旬にかけて開催されます。早咲きから遅咲きまで12種類約60本の藤が園内の藤棚を貼り巡らし、紫・紅・白など色鮮やかな藤や長く優雅な花房から短く可憐な藤まで、様々な姿の藤を楽しめます。

開催期間 4月20日(木)~5月7日(日)
開催場所 曼陀羅寺公園

 

第31回尾張津島藤まつり(津島市)

かつて津島市は「藤浪の里」と言われたほどの藤の名所でありました。その名残を今に伝えるのが、毎年4月中旬から5月上旬にかけて行われる「尾張津島藤まつり」です。会場となる天王川公園には、長さ275m、面積約5,034平方メートルの見事な藤棚があり、まつりの期間中、夜間はライトアップされます。甘い香りに包まれて、昼は風にそよぐ壮麗な藤を、夜は幻想的な美しさを醸し出す藤を楽しむことが出来ます。さらに、藤棚の下を流れる疎水の水面に映える藤の花の眺めはひと味違った趣があります。

開催期間 4月22日(土)~5月5日(金)
開催場所 天王川公園

 

五万石藤まつり(岡崎市)

桜の名所である岡崎公園ですが、藤の花の名所でもあります。岡崎公園南側の乙川堤防沿い(康生町)に、約1,300平方メートルの藤棚があり、花房が長く、見事な紫色の花が広がります。藤は「岡崎市の花」でもあり、毎年多くの人が訪れています。

開催期間 4月20日(木)~5月5日(金)
開催場所 岡崎公園藤棚

 

広藤園藤まつり(碧南市)

広藤園には「広の長藤」として有名な長藤が14株、だるま藤が1株あり、毎年4月中旬から5月上旬の藤まつりには、1.5メートル以上の長い花房が、約1000平方メートルもの敷地に広がる見事な風景と芳香を楽しむことが出来ます。

開催期間 4月15日(土)~5月7日(日)
開催場所 広藤園

 

ふじまつり(豊田市)

ふじの回廊は豊田市藤岡地区の花である「藤」をテーマにした散策路です。約370mにわたって設置された藤棚には、九尺藤、紫三尺、八重黒竜、シロバナ藤の4種の藤の花が植栽されており、歩く人の目を楽しませてくれます。回廊は、地区内の小学校の生徒や関係者が中心となって手入れや管理がされています。

開催期間 5月3日(水)~5月7日(日)
開催場所 ふじの回廊