地区大会運営委員会
事業計画

地区大会運営委員会 委員長 髙橋 一生

 政府より命名され150年を迎える我々の住み暮らす北海道には、各地域の再興につなげることができる多くの観光資源や次代の課題解決を担う人財をはじめとする可能性が存在します。第67回北海道地区大会苫小牧大会では、2040年迄に約8割の地域が消滅すると言われる現状に我々と地域の創生を待ち望む道民が、地域に潜在する観光資源の価値観を共有し、地域を取り巻く課題を解決していくことが次代の北海道の再興に必要です。
まずは、北海道におけるJCの存在価値をオール北海道で体現するために、我々の一年
間の運動の集大成となる地区大会を開催し、我々から生まれた政策を発信し共鳴した人びととともに行動することで、地域再興につながる道民の意識変革を促します。そして、全道の地域発展に資する地区大会にするために、官民を巻きこみ生み出した政策を各地域で次代への運動の礎としてもらうことで、JCが地区大会から政動社変へ導く大会を構築します。さらに、苫小牧と北海道の未来を明るく豊かな社会にするために、恵まれた自然環境と地域産業を有する市民とともに、地区大会開催に向けた意識改革を図り、主催と主管が融和することで、対外に向けて強く発信できる大会を構築します。また、北海道の発展に寄与する第68回北海道地区大会北見大会とするために、苫小牧大会で得た新たな潜在資源と道民の意志を北見JCへ引継ぎ主導することで、地区大会の開催価値を高めます。そして、永続的に北海道の発展に資する地区大会にしていくために、第69回北海道地区大会開催地立候補を募集し、北海道の明るい未来ビジョンの提示をする主管を選定します。
地区大会でJCが発信した運動による道民の意識変革により、新しく確立され育まれた観光資源と、挑戦を続ける力強い志のエネルギーを燃やす人びとの起こす持続的なイノベーションが、明るい未来を創出し各地域で光り輝く魅力と誇り溢れる北海道を創造します。

<事業計画>
1.第67回北海道地区大会苫小牧大会の企画・運営
2.開催地をはじめとした全道の地域発展に資する第67回北海道地区大会
苫小牧大会の企画・運営
3.第67回北海道地区大会主管LOMとの連絡調整
4.第68回大会主管LOMに関する調査・連絡・調整
5.第69回北海道地区大会主管立候補地の募集・調査・報告