道北エリア運営会議
事業計画

道北エリア運営会議運営議長 高木 良樹

 都市部への一極集中が顕著に表れている北海道において、道北エリアは地域の継続的な発展に寄与すべく様々な課題と向き合い、豊富な資源や産業を生かした地域戦略の政策立案に挑戦してきました。会員数や活動期間の減少が叫ばれる中、北海道全体の発展に寄与する、地域における政策立案実行団体として、道北の心は一つの精神のもと相互連携を通じた地域の活性化を推進する先駆者となる未来を担う強い意志ある会員の育成が必要です。
まずは、未来を担う塾生が地域を牽引するリーダーとして成長するために、政策立案実行団体としての自覚をもち、地域の抱える様々な課題に取り組み議論する研修塾を開催し、当事者意識から来る強い意志で地域を想い行動できる会員を育成します。そして、全道の塾生が自ら未来を切り開く人財となるために、北海道JCのスケールメリットを活用し、成長への刺激が溢れる機会を創出することで、JAYCEEとしての揺るぎない誇りを醸成します。さらに、地域を愛する会員として成長するために、会員間の結束力を地域間の強固なつながりへと昇華させる地域の魅力を活かした事業を行い、道北の心は一つという強い絆で結ばれた逞しいエリアを構築します。また、各LOMが地域において効果的な運動を展開するために、LOM訪問を実施し、それぞれの取り組みや解決策を共有することで、永続的に発展する組織に強化します。そして、本会や北海道地区協議会の運動の方向性を共有するために、活発な意見交換を行うエリア会議を円滑に運営し、道北LOMと北海道地区協議会が有機的な連携を図ることで、事業への理解と運動の活性化を促します。
道北の心は一つの精神を根底とする団結力に支えられた道北エリアは、地域の垣根を越えた未来を担う強い意志をもったJAYCEEと、魅力的で活力に満ち溢れる地域が一体となり、希望に満ち溢れる力強い原動力となって、魅力と誇り溢れる北海道を創造します。

<事業計画>
1.エリアアカデミーの研修塾の開催
2.全道アカデミーの開催(4エリア共催事業)
3.エリア内交流・研修事業、エリア大会の実施
4.LOMの強化(エリア内各地会員会議所訪問)
5.エリア会議の運営・事業の推進
6.UN SDGsの推進
7.ブロック協議会の職務分掌に関わる全ての事業推進
8.第69回全国大会札幌大会に向けた主管LOMと副主管LOMの連携強化
9.日本JC日本アカデミー会議との連携