広報渉外委員会
事業計画

広報渉外委員会委員長 曙 嘉輝

 北海道地区協議会には、これまでに様々な広報活動を通して我々が住まう地域の問題点や魅力に向き合い、明るい豊かな社会の実現に向けた取り組みを発信してきた歴史があります。技術革新が目覚しく種々の情報が錯綜し取捨選択の難しい現在の情報化社会だからこそ、道民に有益な情報としてJC運動の認知度が高まり、行政や道内の若手青年団体等の先頭に立って示される存在価値とブランド力で可能性に満ちた北海道の創造が必要です。
まずは、道民のJCに対する期待感向上のために、一年間を通して北海道地区協議会のHPとポータルサイトを用いて各LOMの事業を連動させて発信し、JCへの興味と理解を深めます。そして、北海道地区協議会が行う事業への動員につなげるために、各LOMと連携の取れた広報活動を行い、事業の周知と参加率向上につなげます。さらに、JCを一人でも多くの人に知ってもらうために、メディアが関心をもつ事業情報の構築サポートやプレスリリースを行い、JC運動に触れる機会を創出します。また、災害時に備えて平時から有益な情報を道民へ周知するために、HPやSNSを利用して情報発信を行い、災害対策の有益な情報を提供します。そして、会員のJC運動への参加意欲を向上させるために、JCI及び本会の関わる情報を集約及び発信し、各事業の意義や目的の理解を深めます。さらに、JCI及び本会との緊密な関係を継続するために、本会と業務内容を共有し、円滑な渉外業務の体制を整えます。また、政策立案実行団体としての信用を高めるために、行政や諸団体との綿密な渉外業務を遂行し、外部との強固な連携体制を構築します。
長きにわたる歴史と社会的信頼ある北海道地区協議会の発信する誠実でわかりやすい情報から、政策立案実行団体としての存在価値と確立されたJCブランドに魅せられた人々が、意識変革と行動喚起の意志をもった人財となり魅力と誇り溢れる北海道を創造します。

<事業計画>
1.JCの存在価値を高めていく効果的な広報の実践
2.各地会員会議所との情報連絡体制の確立
3.各委員会の対外情報発信の統制と推進
4.各種メディア・プレスリリースへの迅速な依頼並びに取材及び原稿依頼の対応
5.北海道地区協議会のホームページの運用並びに管理
6.JCI、日本JCの関わる事業の広報及び参加促進
7.本会との連絡調整
8.北海道地区協議会渉外業務
9.日本JC渉外委員会との連携