型破りな人財が導く 結の精神溢れる東北の実現

広域連携推進委員会

  • HOME »
  • 広域連携推進委員会

広域連携推進委員会 委員長 情野 裕仁

 

基本方針

・東北は一つ!強靭な東北の実現へ!

 

東北地方では人口減少による経済活動の衰退が顕著な状況にあり、地域の発展に寄与する地域間交流や地域を担う後継者、人財の不足も懸念されています。東日本大震災からは6年半が経ち、復興による景気の高揚も落ち着き、震災の風化も危惧されています。行政は­­­­­防災・減災の視点を持ち合わせ、個性豊かな地域が相互に連携することにより、ヒト、モノ、情報等が双方向で活発に行きかう対流促進型の形成を基本とした東北地方の発展を目指しております。震災後高まる事になった地域に関する意識や価値観の変化を、我々は東北地方の未来を描くために重要な人財育成とインフラ整備を推進する絶好の契機と捉え、培った結の精神のもと、県の枠組みを超えた広域的な視点やネットワークで市民を巻き込み、東北地方の持続可能な発展に向けて確かな一歩を踏み出す必要があります。

 

事業計画

1. 防災安全保障を確立する事業の企画・実施

① 日本JC救援相互ネットワークと連携したTADSネットの運用強化

② 防災人的ネットワークの確立に向けた事業の企画・実施

③ 「未来へつなぐプロジェクト~音楽のちから~」の推進

2.地域益を産み出すインフラ投資を促進する事業の実施

3.JCカップ U-11 少年少女

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP