山形ブロック協議会2018年度公式ホームページ

ブロック大会運営委員会

  • HOME »
  • ブロック大会運営委員会

事業計画

ブロック大会運営委員会 委員長 佐藤 淳一

 

 

地方創生が叫ばれて久しい昨今、少子化や都市部への転出による人口減少が続き生産活動や消費活動の低下が懸念される中、やまがたには地域再興の礎となる相手を思いやり共に生きる結の精神と、世界に誇れる地域資源が存在します。半世紀という永きにわたり県民の意識変革に向けて運動を展開してきた我々が、故郷を愛する県民とのつながりを通して、明るい未来の創造に向け希望をもつことができるやまがたを実現する必要があります。

まずは、会員のJC運動に対する意識の共有と、県民に向けた力強い発信の機会を創出するために、大会の理念を正確に広く発信しより多くの会員が参加する山形ブロック大会を開催することで、会員間の結束の強化とJC運動に対する意識の高揚を図ります。そして、県民に意識変革を促し地域再興に向けた当事者意識を醸成するために、行政や地域に根差して活動する様々な団体と連携し大会を構築することで、県民とのつながりを育み地域発展に向けた戦略と戦術を共有します。さらに、開催地に存在する運動の理念を昇華し県内に伝播するために、開催地が取り組む地域性を活かした政策を実践する場を設け参加者の共感を得ることで、まちづくりに対する県民の積極的な参画を実現します。また、会員が開催地に存在する地域の力を共有し各地での運動の発展につなげるために、地域資源を活用し参加者に活力を生み出すことで、県内各地のさらなる変革へ機運を高めます。そして、次世代の大会により良い形で引き継ぐために、これまでの手法や成果を検証し、開催予定地の調査や時代に即した方針を検討することで、大会のさらなる進化に寄与します。

プレゼンスを向上させ未来を切り開く原動力として力強く運動を展開する我々が、意識変革を遂げ自らの力で地域再興に向けて歩みを進める県民と、共に愛する故郷の未来へ向けて終わりなき「恩」のやりとりから生まれる夢と笑顔溢れる「やまがた」を実現します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP