国土強靭化委員会では、災害に強くしなやかなまちづくりを目指し、災害時に役立つ社会基盤普及に向けた社会実験を和歌山県海南市にて開催致しました。

観光やビジネスで海南市を訪れている方が偶然大災害に遭ってしまった場合を想定した避難シミュレーションを開催し、土地鑑の無い方でも円滑に避難できる社会基盤の調査を実施するとともに、災害時に役立つ設備として災害対応型自販機の実証実験を実施しました。

社会実験の結果は「日本一の防災のまち」を目指すべく、和歌山県海南市の神出正巳市長へとご報告させていただきました。
本社会実験にご協力いただきました海南市危機管理課より、本社会実験について以下の講評をいただいております。

【海南市総務部危機管理課長のコメント】
国土強靭化につながる社会実験では、災害対応型自動販売機の有用性のほか、土地勘の無い来訪者等の津波避難に際し、地図やハザードマップ、海抜表示板等の効果や課題等を検証されており、大変参考になりました。
本市においても、南海トラフ地震・津波に対しては、津波避難場所や避難路の整備に加えて、避難誘導看板・誘導灯の設置を進めているほか、ハザードマップの全戸配布や沿岸部の店舗等への掲示など、避難対策に取り組んでいる所ですが、今回のご提案を受け、来訪者等の避難についても円滑に行えるよう、更に防災・減災対策に取り組んでまいります。

本社会実験の結果及び手法を各地で役立てていただくべく、報告書を公表させていただきます。