JOY to KINKI! ~すべては近畿の幸せのために~

2019ASPAC-4kyoto

  • HOME »
  • 2019ASPAC-4kyoto

kyoame京都府  Kyoto prefecture
京あめ  Kyo Candy
http://crcht.com/products/58468405.php

問い合わせ先
株式会社クロッシェ
TEL:075-744-0840

 キラキラしたカラフルな宝石のような愛らしさあり、口に入れるとドロップとは違う 上品な味と和の飴特有のジワッとした自然 な甘さが口一杯に広がります。それが京都の飴、いわゆる「京飴(きょうあめ)」といわれるものの特長です。 室町時代の後期、ポルトガル人が、日本に白砂糖を伝えて、現在のような、キャンデーといわれる飴が発展しました。昔からある麦芽糖という素朴な味の水飴と、砂糖を煮詰めて製造する飴があります。京都の飴 はこの二つの技法を用いつつ、美しいカラフルなものになりました。

 There is love like glittering colorful gems, and when it is put in the mouth, it tastes like a taste different from Drop, and it’s natural sweetness that is unique to the Japanese persimmon is spread out.
That is the feature of the so-called “Kyoame” in Kyoto.
In the late Muromachi period, the Portuguese introduced white sugar to Japan, and  today’s  candy called candy was developed.There is a traditional taste of maltose, maltose, and rice bran that is made by boiling sugar.Kyoto’s rose has become beautiful and colorful while using these two techniques.

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

新着情報

「目指せ防災マスター!地球最速の防災パートナーを見つける防災マッチング」開催のお知らせ。

目指せ防災マスター!地球最速の防災パートナーを見つける防災マッチング 近畿圏内にて各地の青年会議所と災害対 …

「経済人会議 未来へつなげ!地域経済ビジョン」開催のお知らせ

3月29日(金)、京都経済センターにて「経済人会議 未来へつなげ!地域経済ビジョン」を開催いたします。 地域創 …

近畿地区協議会 2019年度 第1回 会員会議所

1月18日(金) 京都会議が開催される最中、公益社団法人 日本青年会議所 近畿地区協議会 2019年度 第1回 …

日本青年会議所

PAGETOP
Copyright © 近畿地区協議会 All Rights Reserved.