IMG_2664
2019年7月28日の参議院任期満了に伴い、第25回参議院議員通常選挙の実施が見込まれています。本年は12年に1度、統一地方選挙と参議院議員通常選挙が同年に行われる年で、有権者にとっては意思表示の機会が多い一年となります。しかしながら、前回の参議院議員選挙において、全体の投票率54.70%に対して10歳代が46.78%、20歳代が35.60%、30歳代が44.24%と、平均に対して大きく低い投票率となっており、投票行動に対する無関心さが浮き彫りとなっています。
私たち青年会議所は、「明るい豊かな社会」の実現を目指して、全国各地においてさまざまな運動を展開してきました。その運動のひとつとして各地選挙において公開討論会を数多く開催しています。関心の薄い若年の有権者を投票行動に導くには、彼らにとって関心を持つことができ、また投票に行く意欲を持つことができる選挙にする必要があります。
選挙期間中、立候補者は選挙運動の一環として、街頭演説や演説会、選挙カーでのPRなどをします。しかし、すべての立候補者が一堂に会して討論する機会はありません。ですが、実際に投票する立場からしてみると、各立候補者の政策を比較できた方が、政策や理念の違いがわかり、誰に投票するか選択しやすくなります。
選挙は人情ではなく、立候補者が掲げる政策に基づいて投票するという、政策本位の政治選択が大切です。そのための判断材料を提供する機会として、公開討論会を開催します。

1.日 時 2019年6月24日(月)
18:00~19:45(受付17:30)
2.場 所 仙台市福祉プラザ 1階 ふれあいホール
〒980-0022 仙台市青葉区五橋2丁目12番2号
3.対 象 者 若年層を含む一般市民
4.目 的 ○若年層を中心とした有権者の主権者意識を醸成すること。

○立候補表明者が自らの政策や理念を有権者へ語りかけ、テーマに基づいて主張することで、有権者が政策本位の政治選択をする一助とすること。
※当日の政策テーマは若年層を中心とした有権者にアンケートを行い、最も関心が高かったテーマで討論していただきます。
※討論会当日の模様を、ニコニコ生放送にてライブ配信、開催後に YouTube にて配信致します。

Facebookページ

公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会
LOM協働委員会 副委員長 佐々木雄哉
TEL:090-7070-3691