リレーブログをご覧の皆様、こんにちは。

今回担当させて頂きます一般社団法人碧南青年会議所の広報理事、石川史朗と申します。

どうぞ宜しくお願い致します。

まずはおらが町、碧南市についてご紹介させて頂きます。

立地としては西三河の南西部、西尾市と半田市の間、高浜市の南に位置している海沿いの町です。

併せて矢作川や油ヶ淵などで四方を水に囲まれており、古くは新須磨の海水浴場や衣浦マンモスプールがあって昔から水とともにありました。

水が豊富に使えるために農業が盛んで、特に人参では地域の名を冠した「へきなん美人」と名付けられたブランド野菜が評判を呼んでいて、国から人参の指定産地として選ばれています。

名鉄知立駅から刈谷駅方面の電車に乗ると最後に到着する最果ての地となります。

最果てと言いましても悪い事ばかりではなく、変に栄えていないことや渋滞が少ないことなどで暮らすには都合の良い町と言われています。

さらに最果ての町として市民の一体感のある町でもあります。

毎年7月の末に行われる(本年度は8月頭)市民祭り「元気ッス!へきなん」は多くの碧南市民の協力により運営されています。

地域の商店による出店や学生から大人までの幅広い年代によるボランティアの参加、夕方から始まる総踊りへの参加など多岐にわたります。

碧南青年会議所も長年協力を行っており、今年は前夜祭について企画段階から関わり運営も行いました。

祭りの当日には地元の高校生と協力してフェイスペイントブースの運営、総踊りへの参加などにより祭りを盛り上げ、市民の皆様に活気と笑顔をお届けしました。

碧南青年会議所として今年はその他にも多くの事業を行い、また、今後も行っていく予定です。

最新情報はFacebookにて発信していますので友達登録をよろしくお願い致します。

https://www.facebook.com/hekinanjc

碧南jcリレーブログ写真1碧南jcリレーブログ写真2



instagramYoutube