政府は6月19日から都道府県をまたぐ移動について全国を対象に緩和すると発表した。
これにより“一部首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)と北海道との間の不要不急の県をまたぐ移動は慎重に”という部分的に残されてた制限も外された。
6月18日の政府会見で、安倍総理はPCR検査や抗原検査など国内の検査体制を一層強化するとともに、社会経済活動のレベルをもう1段引き上げるとし、「明日からは都道府県をまたぐ移動も全て自由となります。各地への観光旅行にも、人との間隔をとることに留意しながら出かけていただきたいと考えています。プロ野球も明日、開幕します。Jリーグもリモートマッチに向けた準備が進んでいます。コンサートなどのイベントも、1000人規模で開催していただくことが可能となります。ガイドラインを参考に、感染予防策を講じながら、社会経済活動を本格化していただきたいと考えています。正に、新たな日常をつくり上げていく」とコメント。
 県をまたぐ移動等については、5月25日からは「ステップ0」として不要不急の県をまたぐ移動は避けることが求められ、6月1日からの「ステップ1」では、東京・神奈川・埼玉・千葉・北海道の間の不要不急の県をまたぐ移動は慎重な行動を求められた。そして6月19日から「ステップ2」へ移行し、全国を対象に県をまたぐ移動等の外出自粛が緩和された。
001_o
 観光を目的とした移動に関しては「ステップ0」と「ステップ1」では“観光振興は県内で徐々に、人との間隔は確保”という制限が設けられ、6月19日以降の「ステップ2」と7月10日からを想定している「ステップ3」では“観光振興は県をまたぐものも含めて徐々に、人との間隔は確保”と若干緩和される。

 イベントの開催制限については、基本方針としては6月18日までは「屋内であれば100人以下、かつ収容定員の半分程度以内の参加人数にすること」と「屋外であれば200人以下、かつ人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2m)」の2点を目安とされた。
 19日以降は「屋内・屋外ともに1000人以下」「上記人数要件に加え、屋内にあっては収容定員の半分程度以内の参加人数にすること。屋外にあっては人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2m)」となり、7月10日以降は「屋内・屋外ともに5000人以下」「上記人数要件に加え、屋内にあっては収容定員の半分程度以内の参加人数にすること。屋外にあっては人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2m)」という基準が示された。
 この3つのステップを経て、8月1日からは屋外での人数の上限は撤廃するものの、「人と人との距離」という条件は継続される。また屋内についても人数の上限は撤廃するものの「収容定員の半分程度以内」という条件は残される。
EawsP8SU8AAnv2t
 そして約2か月の移行期間は7月31日に終了を予定していて、再び感染拡大の兆候や施設などにおけるクラスターの発生がなければ、8月1日を目途にすべて通常に戻るとされている。