公益社団法人日本青年会議所 関東地区 埼玉ブロック協議会 2020年度公式ホームページ

MENU

『時代の変化に対応の出来る人材になるために』

  • HOME »
  • 『時代の変化に対応の出来る人材になるために』
新型コロナウイルスの影響で新しい生活様式が始まり、企業活動では、休業、生産停止や長期的なテレワークが行われております。ITツールを活用する上での、コスト負担やノウハウ不足、IT導入効果がわからないといった理由で、中小企業や小規模企業では一般的なITツールであってもの50%程度の利活用率であり、IT技術が進歩する裏で、それらを応用できる人材がいないという状況が続いています。今後IT化によってどのような社会に向かうのか知り、IT社会に対応する人材を育成することが必要です。
新しい生活様式では、働き方の新しいスタイルに沿ってテレワークやIT化が加速しており、今後社会はIT化でどの様に変化していき、企業の経営スタイルや普段の生活にITを取り入れることで、どの様な効果があり、今後どの様に変化していかなくてはいけないのか。また、国が推奨しているIT化とは何か、ITを導入して解決できる課題は何か、そしてIT化が進んだ先は、どの様に変わっているのかを、有識者にパネルディスカッション形式でお話しいただき、これからの変化に取り残されない知識と、連携して解決していける課題の情報共有を行い、いかなる状況下でも、正確な知識に基づく最適な判断ができる人材、時代の変化に対応できる人材となりましょう。

《 講師 》
【 平将明氏 》
早稲田大学法学部卒業後、サラリーマンを経て家業の青果仲卸売会社・山邦に入社。1996年に社長に就任し、東京青年会議所理事長も務める。2005年の衆院選に自由民主党から出馬し初当選。現在4期目。経済産業大臣政務官、自民党副幹事長を歴任し、2014年9月から2015年10月まで内閣府副大臣(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)を務める。副大臣時代は地方創生、国家戦略特区、クールジャパン戦略など担当した。(第51代 関東地区協議会会長)
【 冨山和彦氏 】
株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO経営共創基盤代表取締役CEO(最高経営責任者)として様々な企業の再生や成長支援に取り組む日本を代表する経営コンサルタント


1【IT化で出来る新型コロナウイルス感染防止】
2【IT化で変わる社会】
3【IT化で変わる企業】
4【IT化で変わる生活】
5【中小企業経営者や管理職が変化に強い人材になるために】

視聴後アンケートにご協力をお願いします。
アンケートフォーム: https://forms.gle/ZfGbTW9XLjaNqpnP6

公益社団法人日本青年会議所 関東地区協議会 広域経済圏構築委員会主催

PAGETOP
Copyright © 埼玉ブロック協議会 All Rights Reserved.