5月31日まで期間延長されました新型コロナウイルス感染拡大に対する緊急事態宣言について、5月21日に京都府、大阪府、兵庫県においても解除が発表され、近畿2府4県における緊急事態宣言についてはすべて解除されました。緊急事態宣言は解除されましたが、近畿地区協議会の諸会議ならびに事業においては府県をまたいでの移動が伴うものが多い現状であるため、引き続き、5月31日までは、感染拡大防止の観点と今まで以上に運動の発信手法の 幅を拡げる手法として、積極的なICT活用(WEB会議や動画配信等)を実施し、6月より段階的に通常の日常生活に戻れるように行動いたします。

各委員会単位の活動などにおいても同様に、引き続き感染防止を意識した行動をとってまいります。なお、これらの方策は、新型コロナウイルスの感染拡大の動向を注視しながら適宜見直してまいりますので、ご留意いただきますようお願いいたします。

各種諸会議ならびに事業の開催方法については当ホームページやSNSなどを利用しお知らせして参ります。