あらゆる個性と美意識が結びつく近畿の実現

女性活躍・子育て支援 インタビュー記事

女性活躍・子育て支援 インタビュー記事 高槻市議会議員 竹中健さん

 

―本日は、子育て支援に取り組んでいる政治の立場から、色んなお話を伺えればと思います。竹中さんが子育て支援に取り組もうと思われたきっかけを教えて下さい。

最近でこそ、新聞やニュースで保育所不足、待機児童の問題がクローズアップされることが当たり前になっていますが、本当は、それ以前からやるべきだったのに取り組んでこなかったつけが回ってきたのが実際で、これらは政治の問題だと考えています。私は、どうしても目を向けられてこなかった子育て世代の問題に、政治家を目指した頃から若手代表として声を上げたいと思っていました。また、自分自身も子どもが生まれて子育てをする側にたったことで、より関心が強くなりました。

 

―竹中さんが住んでいる高槻市では、どのような取組をされているのですか。

人口が減少していく日本で街が存続していくためには、激しくなっていく都市間競争の中で他市との差別化をしていく必要があります。子育て世代が居住地を選ぶ上で、自治体の子育て支援施策は一つの判断要素となりますので、まちの未来のための施策としても、子育て支援はとても重要です。高槻市では、市独自の事業として子ども医療費助成の対象者が18歳までに拡大されました。また、妊婦健診費用の助成額は全国でもトップクラスです。

 

―他方で、高槻市の課題としてはどのようなものがあるのでしょうか。

現在、高槻市では待機児童ゼロとなっているのですが、実際にはいわゆる潜在的待機児童が多いのが実情で、保育所への入所を希望しているのに入所できず、働きに出られない親御さんがたくさんおられます。

また、待機児童問題の次の世代の問題としていわゆる小1の壁の問題があり、子どもが小学校に上がった途端、子どもの見守りが不足します。高槻市でも学童保育を行ってはいますが、小学校3年生までしか対応できておらず、小学校6年生まで取り組めていません。十分な学童保育サービスを提供できるだけの体制が不足しており、本当に必要な人にサービスが行き渡っていないという問題があります。

 

―そのような小学生の子を持つ子育て世代の抱える問題に、竹中さんはどのように取り組まれているのですか。

子どもたちが安心して遊べる居場所づくりに取り組んでいます。そのために、放課後の校庭の開放を進めています。子どもたちの居場所づくりが進めば、学童保育サービスの必要性が高くない人の受け皿が増え、本当に必要な人に学童保育を行き渡らせることができると考えています。

 

―最後に、子育て支援をしていく上で必要なことはどういうことだと考えておられますか。

我々自治体も、子育て支援に向けて日々努力を重ねていますが、もっと大きな視点で考えると国全体として進めていくべき課題が多いといえます。その中で、市民により近い我々としては、各家庭の家族構成やそれに応じた働き方の多様性を認め、尊重した子育て支援を行っていく必要があるだろうと思います。そのような考え方は、誰一人取り残さない社会の実現を掲げるSDGsの理念にも通じるものです。特に、新型コロナウイルスの影響で、新しい生活様式への移行が進みつつある中、そのような変化に柔軟に対応し、多様性を尊重した子育て支援を、社会全体で考えていくことが必要です。

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

日本青年会議所

Count per Day

  • 93現在の記事:
  • 10今日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
PAGETOP
Copyright © 近畿地区協議会 All Rights Reserved.