あけましておめでとうございます。

平素は、公益社団法人日本青年会議所 近畿地区 和歌山ブロック協議会に格別なるご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

県内の全ての皆様が新しい年を健やかに迎えられましたことをお慶び申し上げます。

さて、2020年度は東京オリンピック・パラリンピックという大きなイベントを控え、また、元号の変更も相俟って、日本という国が大きな変革を迎える年となります。私達、和歌山ブロック協議会といたしましては、2019年度で50年という大きな節目を迎え、2020年度は半世紀の歴史の上に、新たな一歩を踏み出す年であると位置づけております。

和歌山県は、豊かな自然、豊富な観光資源、各地域の産品と、魅力溢れる地域でありますが、一方で、出生率低下や若者の都市部への流出により、県内人口は減少を続けており、今後もこの傾向は続くものと考えられます。行政の皆様が中心となって取り組んでおられる和歌山県の様々な課題に対して、和歌山ブロック協議会としては20歳から40歳の青年経済人という立場からアプローチし、未来の和歌山県がより良いものとなるよう、活動を展開してまいります。

2020年の基本理念として、「歴史と変革が調和した持続可能な和歌山の創造」を掲げさせていただきました。若気の至りで地域の皆様にご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、和歌山県の振興と将来の地域を担う人材育成に全力で取り組んでいきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

結びとなりますが、2020年度が皆様にとって、健やかで素晴らしい1年になることをご祈念申し上げると共に、和歌山ブロック協議会の運動に対して引き続きご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

公益社団法人日本青年会議所

近畿地区 和歌山ブロック協議会

2020年度会長 小池知明