事業名称

 みらい塾2019 ~ふるさとの魅力を体感しよう~

申請LOM

 鹿児島ブロック協議会 公益社団法人 川内青年会議所

事業に至る背景

現代では、交通網の発達により各地への行き来が容易となりました。また、ITの普及により知識や情報を得る機会が増えました。その一方で、自分たちの住み暮らすまちの魅力を理解し話せる人たちが減少傾向にあります。そこで、次世代を担う子どもたちが自身の生まれ育ったまちの魅力を再認識し、愛郷心を醸成することで未来に希望を持てる社会の実現に繋がると考え当事業を実施いたします。

事業の目的

自分の住み暮らすまちを深く知り、誇るべき歴史や受け継がれてきた地域特有の文化を学び、故郷ならではの魅力を五感で体験する機会とします。
故郷の魅力を発見し発信する楽しさを知ってもらうことでまちの魅力を伝える力を養い、故郷について胸を張り話せる青少年を育成します。
また、初対面の方々や他の参加者とコミュニケーションを取りながら協力して行動することで自主性や協調性、行動力を育みます。

事業概要

小学校4・5・6年生 24名
を対象にした宿泊を伴う青少年育成事業を開催
地域の偉人、歴史、魅力的なスポットを巡り郷土のことを好きになってもらう
また、昨今話題となっている外国人研修生と触れ合うことで国の動きについても
体感として学んでいただく
さらに、宿泊先として廃校を再利用して外国人研修生の研修センターに生まれ変わった
施設を使用することで地域が取り組んでいることに触れてもらう

2. 参加協力いただいた飲食店は写真付き多言語メニューの作成やその他の外国人を受け入れる準備を通してインバウンド需要に目を向けてもらうきっかけを作ります。

結果・影響(LOM、社会)

上記の事業を子供たちに経験していただくことで将来、地域を支えていく人材育成の
一助となった。LOMメンバーにおいても事業参加をとおして国や地域の政策に触れ、考えるきっかけとなった。

協力団体

無し

事業風景Book1-1