皆さんこんにちは!

総務広報委員会です!

新型コロナウイルスの影響が各地で出ている中、大分県内の青年会議所では新型コロナウイルスの影響を緩和しようと様々な運動が行われています。

宇佐青年会議所様ではこの度「手作りオリジナルマスクコンテスト」といたしまして、宇佐市と豊後高田市の小学校に通う子供達や保護者の方達を対象に、マスク着用に対する意識の向上を促すための事業を開催することとなりましたので、ご紹介をさせていただきたいと思います。

宇佐青年会議所様のFacebookページはこちら

 

どうして今回の事業を開催するの?

新型コロナウイルスの世界的猛威により、現在国を挙げてウイルス感染予防のための検温やソーシャルディスタンス、アルコール消毒やマスク着用等を懸命に推奨しております。

今後の新型コロナウイルスの感染について様々な懸念がなされる中、子供達にも現在行われている感染予防策を根付かせていかなければならないとの思いから、今回の事業は考案されました。

 

どんなことをするの?

今回の事業は、宇佐市と豊後高田市の小学校に通う子供達を対象として、子供達が自ら作成したマスクを募集し、「オリジナルマスクコンテスト」を行うものとなっており、入賞者には「宇佐市長賞・宇佐青年会議所賞・大分合同新聞社賞・優秀賞・佳作・特別賞」がそれぞれ贈られます。

マスクの応募を行ってもらう際に、自分が作ったマスクを装着した写真も送ってもらうのですが、コンテストで入賞した場合、その写真をコンテスト開催後に作成する「新型コロナウイルス感染予防のための啓発ポスター」に掲載するとのことです。

チラシ

 

筆者は、子供達に新型コロナウイルス感染予防のための習慣を身に付けてもらうためには、まずは子供達が楽しめるような工夫から始めることが大切ではないかと考えており、今回の事業は子供達が夢中で取り組むことができ、マスク着用の習慣を自然と身に付けることができるものであると考えています。

 

今回の事業は宇佐市と豊後高田市の小学校に通う子供達を対象としております。

興味のある方は奮ってご参加の程よろしくお願い致します。

お問い合わせ先:公益社団法人 宇佐青年会議所

TEL:0978-33-5144(平日10:00~15:00)

 

大分ブロック協議会では、各地青年会議所の新型コロナウイルスの影響を緩和させるための取り組みを今後もご紹介させていただきたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!