CV_posterA_fix

地方創生グループ SDGs推進委員会

 

4月26日厚生省HP公表によると、世界では260万人を超す感染者、そして国内では13,600人を超えています。大分県内でも感染者が報告されており大型連休に伴い全国的に急速な蔓延の恐れがあるとされています。そこでGWに入るにあたってより一層の接触機会の低減・不要不急の外出の自粛を国民一人ひとりが取り組んでいく必要があります。

その方法といたしまして、メンバーの勤務先に内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室及び厚生労働省より、

①人との接触を8割減らす10のポイント

②GWの帰省などに関するポスター

③相談・受診の考え方

についての通知がありましたので、当協議会でも発信を行いたく思います。是非皆さんでご覧いただき、大分ブロック協議会のFacebookページより「いいね」または「シェア」をお願い致します。

大分ブロック協議会のFacebookページはこちら

一日でも早い新型コロナウイルス収束に向けて企業・団体・個人を問わず情報の周知にご協力お願い申し上げます。

※資料については、厚生労働省HP及び内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室HPより参照。

人との接触を8割減らす、10のポイント

 

 

 

 

GWの過ごし方

 

 

新型コロナウイルス感染症の患者数が大幅に増えたときの相談・受診の考え方