山形ブロック協議会2020年度公式ホームページ

やまがた連携運動推進委員会

山形ブロック協議会  委員長 大壁 洋平

 山形ブロック協議会は、政治参画を促す公開討論会の開催やスポーツを通じた道徳教育など、日本JC本会、東北地区協議会、各LOMとの緊密な連携運動を展開させて、効果を最大化する活動を行ってきました。今の連携の輪を内外に更に広げ、夢と笑顔溢れる「やまがた」の実現を目指す私たちは、県民と連携運動をするとともにまちを良くしたいという意識を高め、共に持続可能な社会と明るい未来を目指す仲間を増やす必要があります。

まずは、礼儀礼節と利他の精神をもつ少年少女を育成するために、スポーツを通じて心身を鍛える場を提供し、仲間と相手がいることで自分が活かされていることを自覚していただきます。そして、高校生の政治への関心を高めるために、投票率が低い原因分析を行うとともに政治参画の意義を伝え、投票によりまちの未来を変えられる主権者であると認識していただきます。さらに、私たちが住む地域の政治参画意識を高めるために、各地で行う公開討論会を支援し、まちの課題を共有する機会を創出し、政策本位の投票行動を促します。また、エネルギーの安全保障への意識を高めるために、エネルギー自給率の改善に向けた議論を行う事業を開催し、未来を担う若者にエネルギーを考える機会を創出します。そして、未来のエネルギー事情を良い方向に変えるために、再エネ、省エネについて体感するとともに学べるフォーラムを開催し、エネルギーの持続可能な発展につなげます。さらに、骨髄移植を必要とする人たちへの支援の輪を広げるために、骨髄バンクを支援するやまがたの会への活動に協力し、骨髄移植と骨髄バンクへの県民の認知度を高めます。

共に連携運動を行った私たちと県民は、まちを良くしたいという意識が高まり、少年少女の利他の精神を溢れさせ、政治参画の意識が醸成され、持続可能な社会の意識が高まり、明るい未来を切り拓いていく仲間となって、夢と笑顔溢れる「やまがた」を実現します。

PAGETOP
Copyright © 山形ブロック協議会 All Rights Reserved.