東京の桜が満開です。
 
目黒川の桜を見に行ってきましたが、
ほんとうにきれいでした。

満開の桜をまえに、
誰かがボソっとつぶやいていました。

「やっぱり自然はいいねぇ。」

こんな時期だから
余計にそう感じるのかもしれません。
ほんとうにそうだなと思いながら、
ふ、と缶コーヒーのCMを思い出していました。

世界は誰かの仕事でできている。

「あ、この桜並木もそうだ!」

この目黒川の桜並木も、
誰かの仕事でできている。

ここに桜の木を植えたら
たくさんの人がよろこんでくれると
未来を想像した誰かがいたから、
いま、こんなにきれいな
桜並木がここにあるんですよね。

作者なのか計画者なのか、
とにかくその人のことを意識して
この桜並木を観察してみると、
じつにうまいこと桜の木が
配置されているように見えてきます。

桜の木の間隔も、見え方も、
未来のよろこぶ人の顔を想像しながらつくった
職人さんの顔が浮かんでくる気がしました。

あぁ、自然じゃなかったんだ。
作者がいたなんて想像しませんでした。

どこのどなたか存じませんが、
どうもありがとうございます。

とてもきれいです。

今日も「東京ブロック」にきてくださってありがとうございます。

今年の桜はなぜだろう、
やけにきれいで沁みる気がします。
みんなが春を待ち望んだ
冬だったからかな。