レジリエンスに溢れた地域が高め合う持続可能な福岡の実現

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

レジリエンスに溢れた

地域が高め合う

持続可能な福岡の実現

福岡ブロック協議会 会長 平島 周

 九州地方で最大の人口を有する都市である福岡は、韓国や中国や台湾などのほか東南アジアの主要都市へアクセスが多く設けられておりアジアの玄関口として観光客も増加傾向 にありインバウンド消費の拡大による経済発展を遂げています。2020年は新型コロナウイルスの世界的蔓延で経済的影響は大きい状況であるが、ニューノーマルでのインバウンドを確立し、持続可能で豊かな福岡の実現に向けてベクトルを合わせることが必要です。

 まずは、可能性に満ち溢れたメンバーが即戦力となる人財へと育成するために、第39期福岡ブロックアカデミーでJCの三信条を体感できる事業を実施することで、アカデミーメンバーのリーダシップの向上を図ります。そして、発信する事業の影響力を最大化させるために、連携する福岡県や国際ロータリー第2700地区と交流し情報交換を行える場を設けることで、関係団体との連携を強化し、発信力を高めます。さらに、新たなメンバーを迎えるために、拡大情報バンクの情報拡充を行い、拡大に携わるメンバーの人間的魅力を向上させることで、会員拡大の支援を行います。また、新型コロナウイルスからの再興を遂げ、活力ある福岡を実現するために、カウンターパートと連携し、福岡ブロック大会大川大会を開催します。そして、誰一人取り残さない福岡を実現するために、福岡ブロック協議会がJCI糟屋の設立を支援し、サポート体制を整えることで、JCの空白地帯をなくします。さらに、若年層の投票率を向上させるために、ニューノーマルな公開討論会を支援し、国民の意思を伝える機会を大切に捉えることで、当事者意識を醸成します。あらゆるカウンターパートと手を取り合い、その時代に合うニューノーマルな運動とレジリエンスに溢れたJAYCEEが地域の未来を強く想い、早急にこの未曽有の新型コロナウイルスから再興し今よりも笑顔の絶えない県民で溢れた持続可能な福岡を実現します。

<事業計画>

1.即戦力となる人材へと育成 第39期福岡ブロックアカデミーの開校

2.福岡県・国際ロータリー第2700地区との連携の強化

3.第49回福岡ブロック大会大川大会の開催

4.会員拡大のためのスキルアップを目的とするセミナーの実施

5.LOM創設に向けた実施及び新設LOMに対する拡大支援

6.選挙における各種討論会の実施・支援

7.ニューノーマルでの新たな福岡ファンを獲得する事業の実施

8.ニューノーマルでの事業の福岡ブロックアワード実施

9.防災・減災意識を向上させる事業の実施

10.過去の災害・疾病対応の検証と、災害・疾病対策の在り方の発信

11.FUKUOKAコンファレンス2021の企画・運営

12.JCIASPACのブース事業実施

13.若者入会へのステップとなる新しい組織形態・検討・調査【ブロ連】

14.関係諸団体と連携による防災・疾病ネットワークの構築【ブロ連】

15.JCのブランドイメージを高める外部メディアとの連携及び広報戦略の検討・実 施・検証【ブロ連】

16.ニューノーマルでのインバウンドビジネス確立事業の企画・実施【ブロ連】

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 福岡ブロック協議会 All Rights Reserved.