20の価値と21への共鳴~想い伝わり共に動き出す静岡へ~

会議体・委員会の紹介

20210204_190333_599
アカデミー委員会はJC入会3年未満の出向メンバーが集まり、人材育成に力を入れている委員会です。
委員長を務めるのは浜松青年会議所(#JCI浜松)所属の勝野修助君。
担当役員は磐田青年会議所(#JCI磐田)所属、筆頭副会長の永田裕史君。

Active Citizenとしての即戦力の育成、青年会議所退会者の減少に向けての企画・実施、日本の将来を担う次世代に対する教育の質向上推進事業の企画・実施・運営、各青年会議所への拡大支援、各事業におけるSDGsの推進、本会・東海地区協議会の事業・運動の推進及び連携、以上を事業計画方針としています。

20210206_121850_908
ESG投資社会推進委員会はESG(環境、社会、企業統治)投資という視点からSDGsの必要性をより理解し、青年経済人として、その実現に向けて一人ひとりが実践できる社会を目指す委員会です。
委員長を務めるのは浜北青年会議所(#JCI浜北)所属の中道俊亮君。
担当役員は御殿場青年会議所(#JCI御殿場)所属、副会長の堀内聡太君。

地域の成長戦略を描く運動の企画・実施、地域の自立性を高め新たな価値を創出する事業の企画・実施、第2回静岡Webフォーラムの運営、各青年会議所への拡大支援、各事業におけるSDGsの推進、本会・東海地区協議会の事業・運動の推進及び連携、以上を事業計画方針として掲げています。

20210206_163112_037
価値デザイン確立委員会は、静岡の独自性を見つめ直し、静岡のアイデンティティについて理解を深め、そして、人の心を動かすストーリーに着目することでモノに新しい価値を付け加える考え方を身につける委員会です。
委員長を務めるのは榛南青年会議所(#JCI榛南)所属の戸塚章裕君。
担当役員は静岡青年会議所(#JCI静岡)所属、副会長の栗田泰吉君。

地域の質的価値を創造する推進事業の企画・運営・実施、第54回静岡ブロック大会Web大会の設営、各青年会議所への拡大支援、各事業におけるSDGsの推進、本会・東海地区協議会の事業・運動の推進及び連携、以上を事業計画方針として掲げています。

20210207_164520_855
ファイナンシャルリテラシー教育委員会は、日本の貯蓄第一主義の時代が終わりを迎える中で、個の不安を解消し、主体性を取り戻すために、価値観を柔軟に転換するファイナンシャルリテラシー教育を推進する委員会です。
委員長を務めるのは富士宮青年会議所(#JCI富士宮)所属の岡田優君。
担当役員は裾野青年会議所(#JCI裾野)所属、副会長の坂部拓也君。

日本の将来を担う次世代に対する教育の質向上推進事業の企画・実施・運営、各種選挙における討論会の実施、各青年会議所へ拡大支援、各事業におけるSDGsの推進、本会・東海地区協議会の事業・運動の推進及び連携、以上を事業計画方針として掲げています。

20210207_180125_207
共感ネットワーク構築委員会は、青年会議所が地域にとって新たな時代を見据えたまちづくり団体として、また、メンバーにとって最高のリカレント教育の場となるために、まちから共感される人財の育成を行う委員会です。
委員長を務めるのは焼津青年会議所(#JCI焼津)所属の飯塚宗一郎君。
担当役員は袋井青年会議所(#JCI袋井)所属、副会長の榛葉美希君。

日本の地域に即した権限移譲モデルの策定に関する調査・研究、日本の将来を担う次世代に対する教育の質向上推進事業の企画・実施・運営、第1回静岡Webフォーラムの運営、国内で発生した災害、疫病に対する支援、U-11JCカップ少年少女サッカー大会にかかわる業務、各青年会議所への拡大支援、各事業におけるSDGsの推進、本会・東海地区協議会の事業・運動の推進及び連携、以上を事業計画方針として掲げています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 2021年度 静岡ブロック協議会 All Rights Reserved.