1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

【第54回秋田ブロック大会in大館のご報告】

2024.07.06
2024.07.09
blank

2024年7月6日

大館市ほくしか鹿鳴ホールにて秋田ブロック大会を開催いたしました。

オープニングは大館囃子有志の集い様による、お囃子をご披露いただきました。

式典では来賓の方々からご挨拶をいただき、各地会員会議所理事長をはじめとするメンバー紹介後、次年度体制の発表を行いました。

次年度ブロック会長候補者は、佐藤信曉君(大曲JC)、そして次年度ブロック大会主管は横手JCに決まり、大会旗の伝達を行いました。

メインフォーラム第一部は、株式会社あきた創生マネジメント代表取締役阿波野聖一様に「DXを活用した取組と秋田の展望について」をテーマに講演いただきました。

第二部は、公立大学法人国際教養大学准教授千葉加恵子様、一般社団法人秋田犬ツーリズムCMO櫻井謙介様をお招きし当協議会の大越会長をファシリテーターとして「インバウンドを活用した地域経済の活性化について」をテーマに対談を実施しました。

blank
blank

私たちの暮らす秋田の地域経済発展のために必要な要素であるDX推進とインバウンドをツールとしてどのような効果や可能性があるのかをご参加いただいた方々と共有する時間となりました。

足を運んでいただいた皆様ありがとうございました。

2024年度褒賞事業では例年とは違い秋田県内全LOMより事業発表を行ってただ来ました。

審査員特別賞は秋田青年会議所様、優秀賞は鹿角青年会議所様、栄えある大塚賞に輝いたのは湯沢青年会議所様でした。誠におめでとうございます。全LOMの事業に触れることで視野を広げることができ、今後も地域のためにより良い運動を展開して参ります。

blank

多くのご来賓・来訪JCの皆様に参列いただきまして、心より感謝申し上げます。

多くのメンバーにご参加いただき秋田ブロック協議会の絆の強さを実感した大会になりました。今後も「結いの精神と親切心が織りなす誰もが夢を描ける秋田の創造」を目指し邁進してまいります。

ありがとうございました。

ブロック大会運営委員会

委員長 荒川 洋介

秋田ブロック協議会 新着情報

S__4096070_0
3BD15604-5104-42FC-B22F-B7C709625334
291098_0
IMG_0370-1
LINE_ALBUM_鹿角周年発信素材_240517_6
LINE_ALBUM_鹿角周年発信素材_240517_11
LINE_ALBUM_2024426中和JC来訪_240501_18
LINE_ALBUM_第二回アカデミー_240402_7_0
S__653983751_0
S__654000134_0