6月29日(土)出雲健康公園出雲ドーム 人工芝グラウンドにて、JCカップU-11少年少女サッカー全国大会の予選大会が開催されました。

 

冒頭、2019年度島根ブロック協議会 会長 山崎 桂一 君より競技者の皆様への挨拶、続いて挑戦する島根人創造委員会 委員長 宇賀 務 君より本事業の趣旨でもある、グッドルーザーの精神についての説明が行われました。

 

山崎会長

 

 

 

 

 

宇賀委員長

 

 

 

 

 

その後、出雲地区サッカー協会 坂根審判部長様のルール説明、選手宣誓が行われ本事業がスタートしました。

坂根審判部長

 

 

 

 

 

選手宣誓

 

 

 

 

 

少し曇りがかった天気ではありましたが、参加者の皆様はグッドルーザーの精神をもとに、のびのびと競技をされていました。

 

大会

 

 

 

 

 

 

大会3

 

 

 

 

 

 

本事業ではグッドルーザーの精神である、「たとえ勝負に負けたとしても相手を讃えられる強く前向きな心。」、「試合に勝つため最高の準備をして、全力で勝とうとする真剣な態度を持ち、たとえ試合に負けても相手を称え、次に進むために前向きな心を持って切り替える精神。」をサッカーを通じて学んでいただくことで、目標に向かって努力をする意欲や、仲間意識や責任感、犠牲的精神、リーダーシップ、社会性を育むことを目的とした事業です。今回、サッカーを通じて学んでいただいたグッドルーザーの精神を大事にし、優しい心や協調性を持った青少年に成長していただきたいと思います。参加者の皆様、ありがとうございました。