事業名称

第11回延岡蓬莱かるた大会

申請LOM

一般社団法人 延岡青年会議所

事業に至る背景

一般社団法人延岡青年会議所の創立50周年記念事業として作成した「延岡蓬莱かるた」は日本古来の遊びを通じ、幼い頃から郷土を愛する心、郷土を誇りに思う心を育むことができ、これまで継続して延岡蓬莱かるた大会を開催してきたことで、地域に浸透してきました。また昨年度は普及活動の一環として“藤の御紋の内藤様よ”の札にちなんで内藤家甲冑のレプリカを寄贈しております。この「延岡蓬莱かるた」を更に地域に浸透させ、郷土を思う心を育むためにも本年も継続して大会を開催することが必要であると考え、事業の実施に至りました。

事業の目的

かるたという日本古来の遊びを通じて、郷土延岡の素晴らしさを楽しく学びながら、参加している子供達とともに保護者にも郷土を愛し、郷土を誇りに思う心を育み、更に延岡蓬莱かるたの普及の促進に繋げる事を目的とします。また、大会を通じて子ども達が多くの仲間と出会い、友情を育むことを目的とします。

事業概要

蓬莱かるたという郷土延岡の歴史と風土を遊びながらに学べるかるたを使い、子どもたちの学習と成長を後押しする場を形成します。また、継続事業であり、低学年から参加した子どもが継続して参加することで毎年の成長を実践し、学区の違う同学年の子どもと交流する場を作ります。
延岡市内全域の全小学生を対象に参加を募り、各学年ごとに総当たり制の予選リーグと勝ち抜いた子どもたちによる決勝トーナメント戦を行い、学年毎の優勝者を決めていきます。

結果・影響(LOM、社会)

80名の子どもたちが参加した第11回延岡蓬莱かるた大会では、例年と異なり
予選リーグ制を導入することにより、参加者が何度も試合をすることで、
「延岡蓬莱かるた」に多く触れてもらい、楽しみながら延岡の素晴らしさを
学ぶことができた大会になりました。例年のように大会参加者に頂いたアンケート用紙には子どもや保護者のかるた競技に対する強い情熱を感じさせられました。

協力団体

【協力】
延岡高等学校かるた部(ボランティア・運営補助)
延岡畳組合・設営(畳運搬)
【後援】
延岡市教育委員会
(株)夕刊デイリー新聞社
(株)ケーブルメディアワイワイ

事業風景第11回延岡蓬莱かるた大会-1