事業名称

Save Our Local project「こども未来食堂」事業

申請LOM

一般社団法人 大分青年会議所

事業に至る背景

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため緊急事態宣言が日本全国に発令され、大分市地域でも活動自粛が求められています。経済活動は大きく停滞し、私たち大分青年会議所の会員への影響も日に日に増してきています。
こどもをめぐる環境も例外なく影響を受けています。学校が休校になっていることで、こどもたちは、友達や先生はもちろん地域との関係が遮断され、外部との接触が乏しくなっています。経済苦の家庭への支援活動もいちじるしく滞っているのが現状です。保護者が社会的養護や社会支援に頼ることなく自分たちの力で必至になって耐えようとしている家庭ほど、こどもをめぐる福祉環境は悪化しているのです。
こどもをめぐる福祉と経済の両立を実現し、社会に希望と行動する勇気を示す事業がいまこそ求められており、この事業を通じてこどもたちが未来に希望を抱ける地域社会を取り戻します。

事業の目的

■対外対象者
(1)日々の食事に困っている児童や生徒に食事の提供を行います。
(2)児童や生徒に家庭から外に出かける機会を提供します。
(3)社会の目を生活に困窮する児童や生徒に向け、支援の輪を拡げ、さらなる社会支援を届けます。
(4)飲食店やホテルの休業や売上減にともない出荷されなかったり売れ残ったりして廃棄される食料を減らします。
■対内対象者
(1)経済活動を通じた社会課題解決の可能性を実感します。
(2)社会が抱えるDVや児童虐待などの問題や食品ロスの問題に目を向けます。
(3)JAYCEEとしての誇りを呼び覚まします。

事業概要

(1)こども食堂が活動休止に陥っている地域で、こどもたちに弁当を提供します。
(2)食材のロス情報を集約し、提供する弁当の調理に利用します。
(3)児童虐待やDVの兆候を早期に発見するため、弁当は配達を行わず配布会場での直接受取とします。

結果・影響(LOM、社会)

休校により満足に食事をとることができない児童・生徒に食事を提供することは、貧困に由来する空腹を満たすだけでなく、「私」が社会に存在する意味を見出すエンパワーメントにもつながります。このことは、こどもたちが今の生活環境に依らずに大きな夢を語ることにつながり、自分には世界を変える力があると信じることができる社会づくりに貢献するものです。

協力団体

大分県 社会福祉保健部 こども家庭支援課 (事業実施地域の助言・こども食堂の紹介)
大分県 中部振興局地方創生部 (各種外部団体との窓口・補助金)
大分県 農林水産部農林水産企画課 (食品ロス情報収集支援)
こども食堂(弁当提供のサポート)
大分県社会福祉協議会 (フードバンクを通じた商品の提供)
全農おおいた (廃棄される食材・食品等の提供)
大分県漁協 (廃棄される食材・食品等の提供)
おおいた食品産業企業会 (加盟企業への食品提供協力の依頼)
公益社団法人日本青年会議所 (補助金・広報の支援)
日刊工業新聞社 (広報)

事業風景Save Our Local project「こども未来食堂」事業-1