案けーど結果3
ようこそ愛媛ブロック協議会のホームページへ
愛媛県にある2020年度青年会議所(通称JC:ジェイシー)が取り組んでいる愛媛の経済好循環にむけた取り組みを中心に、各自治体、他団体などの取組みなど、愛媛県民の皆さまにとって有益な情報を共有しています。

今回もアンケート結果公開です。第三弾ですね。
さて、多くの企業や組織の悩みは共通しているところも多くあります。人口減少による人手不足によっておこる生産性の低下、事業承継がうまくできない、シニア活躍、女性活躍と言いながらそのステージがうまく用意できない等。結論を先に言いますと、愛媛ブロック協議会で行ったアンケート結果や、取組みを公開していきます。そして行っていく取組みを企業や他組織で良いところはマネしていただき、失敗したところは改善していただくきっかけにしていただきたいです。青年会議所も毎年少なからず退会者がいます。退会の理由は様々ですが、寂しいですね。人材の確保は企業の採用と一緒ですので、少しでも企業発展のヒントになればと思います。

根拠:負担を集めてみました。(前回・前々回と一緒)

2019年9月に愛媛県内の青年会議所所属メンバーにアンケートを実施しました。(20歳から40歳まで所属の会なので、現時点では40歳を超えて退会卒業されているメンバーもいます。)果たして愛媛県ブロック協議会は、これからも時代に即した組織になれるのか?このアンケート結果を、回答いただいたメンバー、メンバーを支えている家族の皆さま、メンバーの背中を押していただいている会員企業の皆さま、そして、少なからず今の組織運営に疑問をもっているメンバーと一緒に結果を共有したいと思います。これは、愛媛ブロック協議会に拘らず、どんな組織でも、よりよい組織になるためには何をするべきかを考えていけるきっかけとなる記事にしたいと思います。
OIP02

目的:負担から生きがいへ組織をアップデートしたい(前回・前々回と一緒)

目指したい状態は、愛媛県内にいる青年会議所活動を負担だと感じているメンバーが、活動を生きがいに感じながら最後まで退会せず40歳まで活動できる環境になってる状態。

青年会議所にも定款があり、会員(会員会議所の正会員)規定はこう定めています。
(会員会議所の構成)第7条
会員会議所の正会員は、20歳以上40歳未満の者をもって構成する。ただし、会員会議所の正会員は、年度中に40歳に達しても、当該年度内は その資格を失わない。

 ブロック協議会会則には目的の項はこう記載しています。
▶(目的)第4条
本協議会は、本会の定款で定める目的達成の為、当該ブロックに所属する会員会議所の意見を総合調整し、青年会議所運動の進展に寄与することを目的とする。

 その日本青年会議所の定款に、目的はこう記載しています。
▶(目的) 第3条
本会は、日本各地に所在する青年会議所を総合調整してその意見を代表し、全国的規模の運動を展開して、日本国民の利益の増進を図るとともに、国際青年会議所と協調して世界の繁栄と平和に寄与することを目的とし、本定款第5条に定める事業を実施する。

 噛み砕くと、愛媛ブロック協議会の目的は、
①経済を好循環と発展させて国民みんなで儲ける。
②パートナーシップ連携を結ぶ。って感じかな?皆さまはどう読み解きますか?

 その目的を達成するための目標は、青年会議所活動を続けること。
青年会議所活動を継続するだけで、愛媛ブロック協議会の目的は達成し続けられます。是非とも一人も退会者を出すことなく活動を続けていける組織にしたいですね。

アンケート内容と回答者について

今回は第三弾として、20代と女性に聞いたアンケートを中心に結果を公開します。今後は、対応をしていった項目などについても共有してこうと思います。是非ともウォッチしててください。

アンケートには115名の回答がありました。男性93%、女性7%の回答率。20代7%、30歳~35歳43.5%、36歳~40歳以上49.6%でした。
ご協力本当にありがとうございます。

◆(20代と女性に聞きます。)お知り合いの20代や女性を青年会議所に勧誘したいですか?
勧誘したい。-9票
勧誘したくない。-8票

◆(20代と女性に聞きます。)活躍したいですか!?
活躍したい。-5票
活躍したくない。-8票

◆これまでに退会の相談をされたことはありますか?
はい。-46(40%)
いいえ。-69(60%)

◆日本青年会議所へのお願いや、改革して欲しいこと
なし。特になし。特にありません。JCクリードなどの英語のところを日本語訳にしたらもっと分かりやすく、親しみやすくなります。青年会議所自体の知名度をあげることで、皆が所属していることに誇りが持てる組織にしていき、会員拡大していくことで、より影響力のある事業を地域単位で行っていけるようにしたい。とても魅力的な団体だと思いますが、一部のメンバーの行動や悪い慣例ばかりが注目されているもの事実。それを払拭できる素晴らしい事業がたくさんありますので、もっと情報発信をうまくしていってほしいと思います。独自性?を強調するJCだけの変なルールばかり増やさないでほしい。日本は遠すぎて親近感が無い。セミナーをもっと身近でしてほしい。そこまでの関係ではないので特になし。未来に前に向かって引っ張って行ってください。LOMに対しての補助金若しくは人材派遣。日本青年会議所も女性の比率を増やし、女性会頭が輩出されるような環境を作ってほしい。別組織だと思っているのでなんとも…。会員になる、メリットを感じられない事が多いです。仲良しこよしでのボランティア的な集団だけの集まりだとやはり、浪費するだけの集まりでしかありません。先にも書きましたが、JCは、多種多様な職種の人が集まり、自由な発想が出来る。更にやってみたい事や、地域の為に行動を起こすことができる。また、数々の素晴らしい結果は残しているものの、飲食関係や小売業だけがメリットがあるようでは、JCの先は見えているかと思います。更なる発展、飛躍するためには、まず自分たちに帰ってくるものも考えるべきかと思います。地域ということであれば、公共機関との連携、協力体制を更に構築すれば、青年会の枠をもっと越えられるはず。また、中途半端だなと思う事業も素晴らしい仕上がりになると思う。会員を増やす事で、できる事業、人脈も広がり、また周知して貰うことも出来る。集まっている人の、目先の利益や、会社の繋がり、集客、宣伝等、そこに事業を利用しても良いのは、存じてますが、やはり自分たちのことを考えた事業取り組みを増やすべきかとも思います。入る理由はそれぞれだと思いますが、私の地域の青年会はボランティア活動のような事が、多く感じます。ボランティア活動をするために入る人は少ないかと思います。結果、入ってみてそんな事業が多く、ボランティア活動を批判する訳では無いし、全くやらない方がいいと思うわけではありません。しかし、JCとして頻繁に行うべき活動なのかなとよく思います。地域の為に活動するのであれば、少し視点は変えるべきかなと、よく思います。そのために、事業の例題が多いのも分かりますが、選んだ結果、偏りも見るべきかと思います。街のため、地域の為に繋がっているのか、会員を増やすことに繋がっているのかなども見るべきだと思います。勧誘で入るのではなく、自主的に参加したくなる青年会議所になればいいなと思っております。四国が盛り上がるイベントを企画してほしい。地域の人口減少に伴い、地区、ブロックの集約化を先行的に行ってほしい。(個人的には無くしても良いと思います)。集まることも大事だが、費用が大変。熱量の押し付けが鬱陶しい。今は経験も浅く、思いつきませんが、継続していくことに重要性を感じます。半端な課題解決論ではなく、本質的な理念とより具体的なビジョンを。仕事や家庭との両立が取れるように活動のボリュームを減らし欲しい。地域性が強く出せるようなやり方。例会のスーツはやめる。手法と意義が重い。もっと政府への影響力を強める。もっと他の地域組織と交流を。もう少し身近に感じられるといいですね。理事会を各地区で開催するとか。地域が今何を欲し求めているのか行政は分かっているはずです。ですが残念ながら地域行政が分かっていても行き届きにくい或いはどうすることもできなかった事案を各LOMが精査し、取り組み可能な事業として展開出来ないだろうか、そうした可能性を広げるアプローチプログラムを日本JCで開発並びにその取り組みが出来ないだろうかと思います。分野は広いので一つ一つの積み重ねが必要であろうなと思います。不躾なお願いで申し訳ないです。地域にそぐわない事業の押し付けをやめてほしい。活動がよくわかりません。地区の廃止。ドレスコードはどんどんカジュアルにして欲しい。魅力ある事業、おしゃれな事業をして欲しい。拡大も含めて、各LOM、各種の情報は必要だが、問題点はLOMが1番わかっている。そっとしておいてほしい。地区協議会の廃止。働き方改革が叫ばれている中、熱心に活動すると負荷が高くなる点は何とかした方が良いと思う。ロム外の集まりの強制力が弱まればいいと思います。新しい世代の入会。セミナーのネット配信、ビジネスに活きる情報の配信、Webeliveのバックナンバーのフリー閲覧、日本JCが持つアーカイブスの開放。ネット会議や昼会議など積極導入を希望します。英語を日本語に変えませんか?一般にはなかなか理解が難しいと思います。訳だけでなく正式な日本語バージョン。メンバーで覚える人が確実に増えるし理解もしやすい。常にチャレンジできる環境を作ってください。出向のハードルを下げるための方策をどんどん盛り込んでください。ビジネスを拡大してほしいです。皆さん仕事が忙しいや人で不足など、ビジネスにメリットがあるない事を理由に活動の低下になっているのかも。よくわからないが積極的になれるものを取り入れてほしいです。

まとめ

今回、第三弾として20代と女性の気持ちについてアンケート、そして日本青年会議所に求めている愛媛のメンバーが思う気持ちを公開しました。20代と女性のアンケート結果を見ると、活躍したくない20代や女性がいることも分かりました。また日本青年会議所についても公開しました。自分たちでどんどんできることも吐き出して、本会に組織変革を任せている印象も受けました。これらはメンバーの意識改革ができるとより退会者の出ない組織になれる可能性は高いですね。家族、プライベート、青年会議所活動のバランスを取りながら、継続的に組織が続いていくよう、どうすれば退会者を出さずに運営できるのか。負担から生きがいへアップデートできるのか、愛媛式ができるといいですね。

愛媛はみかんだけですか?
いや、そんなことないですよ。
最後までお読みいただきありがとうございます。

———————————————–
Facebookページへの「いいね!」もお願いします。
愛媛ブロック協議会▶https://www.facebook.com/jci.ehimeblock/